2 紙面の構成
令和6年度 小学生の音楽

教科書の紙面では、「何を目標に」「どのような活動を通して」「何を学ぶのか」が一目で分かるように示されているため、見通しをもって学習に取り組むことができます。


常時活動のアイディア
そだてよう

リズムの学習は「常時活動」として扱うことで、拍子感やリズム感を育成するだけでなく、友達と合わせて演奏するアンサンブルの技能を高めたり、音楽づくりに生かせる発想を得たりすることもできます。
1〜4年生には発達段階や学習内容に応じた活動を掲載しました。鍵盤ハーモニカやリコーダーを活用した「常時活動」は、次の学習にもつながるウォーミングアップを兼ねています。

常時活動の例(3年生)
リズムの「常時活動」の活用について
鍵盤ハーモニカを活用した階名当てあそび
リズムでなかよくなろう
リコーダーを活用したまねっこあそび
いろいろな音であそぼう

対話的な学びを促す吹き出しの工夫

子どもどうしの言語活動の充実を図り、学習のねらいの達成に向けて考えてほしいことや、発言の例を吹き出しで示しています。

1年 p.55
4年 p.63

関連事項の振り返り
おもいだそう

学習したことを振り返って確認することができます。

※1年間の学習の見通しと振り返りに関する詳細は、こちらをご覧ください。

その他
チャレンジ
ステップアップ

令和6年度 小学生の音楽

令和6年度 小学生の音楽 TOP
SNSでシェアする

JASRAC許諾 M1303283012,9016192015Y45038

教育芸術社

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番14号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.

公式SNS


教科書協会
全国教科書供給協会
教科書著作権協会
楽譜コピー問題協議会

JASRAC許諾 M1303283012,9016192015Y45038

教育芸術社

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番14号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.