本文へスキップします。

【全】SP用買い物かご

教育芸術社のサイト内を検索 検索

【全】SP用ヘッダリンク

【参:カテゴリタイトル】会社情報

H1

お詫びと改善方法についてのご報告

コンテンツ

自己点検・検証結果を受けたお詫びと改善方策について

お詫び

 平成28年1月20日に、検定中の申請図書の取り扱いに関する自己点検の結果を文部科学省にご報告いたしました。すでに報道されておりますとおり、当社におきまして、会議ならびに学校訪問における申請図書閲覧を行ったこと、そして申請図書をお見せしてご意見を聴取したことに対して金銭の支払いをした事案がございました。

これらの不適切な行為によって、教科書検定の静謐な環境をそこね、教科書採択の公正性・透明性を揺るがし、文部科学省、各教育委員会、先生方をはじめ関係する皆様、そして教科書を使う生徒の皆様に多大なご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。

今後は、このような過ちを繰り返さぬよう、諸規則の遵守を徹底し、教科書発行者としての使命と責任をあらためて自覚し、全社一丸となって精進してまいる所存です。再発防止に向けまして、平成28年4月22日に、以下の概要を含む改善方策を文部科学省に提出いたしましたことを、ここにお知らせいたします。

今後に向けた改善方策

不適切な行為が行われた原因は、文部科学省からの指導ならびに教科書協会の定める規則についての周知が徹底されていなかったこと、そしてコンプライアンスに関する社内の意識ならびに体制が不充分であったことにあります。これらを改善するために、下記の取り組みを実行してまいります。

  1. 検定中の申請図書の取り扱いに関する規則の遵守
     検定期間中の申請図書開示という行為を防止していくため、毎回検定提出を行った時点で、検定期間中に注意すべき規則を営業部員と編集部員すべてに徹底する研修の場を定期的にもつようにいたします。
  2. 教科書関連業務全体についてのコンプライアンスの徹底
    ・今回の問題を受けまして、社内におけるコンプライアンス規定を新たに策定いたします。策定の際には、特に教科書宣伝における学校関係者との接し方について改善が求められている状況を鑑み、教職員と関わる上での行動規範等を定めたルールを明確化いたします。 
    ・社長を責任者とするコンプライアンス委員会を新たに設置し、社外の弁護士はじめ第三者を委員として迎えます。ここでは、営業、編集、経理面も含めた一連の教科書関連業務のなかで不適切な行為がみられないか、点検・改善がなされる体制をつくってまいります。
  3. 「教科書発行者行動規範」の遵守
     現在、教科書発行者行動規範の制定に向けた検討がなされております。今般改定される「教科書発行者行動規範」を遵守するため、社員全員でこの規範を研修する場を設けます。
  4. 社内の処分に関して
     今回の問題を受けて、その責任の重大さを鑑み、当社役員の減俸処分を検討しており、上半期中に決定をいたします。

    平成28年4月27日
    株式会社 教育芸術社
    代表取締役社長 市川かおり

【全】住所・電話番号

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番15号 
Phone:03-3957-1175 /
Fax:03-3957-1174

【全】PCスマホ切替