モリンホール

モンゴル

| モリンホール | ホーミー |


モリンホールは,「馬頭琴ばとうきん」ともばれます。2本のげんをもっていて,弓を使って音を出す楽器です。「モリン」とは馬という意味で,台形の共鳴胴きょうめいどう(音をよくひびかせるための箱)からのびるさおの先には,馬の頭の形をしたほり物が付いています。

弦と弓には馬のしっぽの毛が使われています。また,弦の音の高低の並びは,バイオリンなどの弦楽器とは逆になっています。昔は,共鳴胴には,動物の皮がられていましたが,今はほとんどが木製もくせいになっているそうです。

モリンホールは,モンゴルの人々にとって特別な民族楽器で,独奏どくそう,合奏,歌の伴奏ばんそうなど,いろいろな場面で使われています。バイオリンと同じように弦をこすって音を出す楽器ですが,バイオリンのものとはちがう,どこかのどかで,人の声を思わせるようなしっとりとした音色が魅力的みりょくてきです。

この楽器は現在げんざい,「モンゴル国型」と「中国の内モンゴル自治区型」の2種類があって,楽器の形,弦の音を調節する方法,弦の材質ざいしつ,使う楽譜がくふにそれぞれちがいがあります。例えば,モンゴル国型では五線譜を使いますが,内モンゴル自治区型では,五線譜ではない楽譜をときどき使うようです。楽器のひき方はチェロのひき方とていて,共鳴胴をひざの間にはさんで,棹を立てて,右手で弓を使って演奏します。

 

【参考曲】

・「三頭の駿馬しゅんめ

「三頭の駿馬」は,オルドス(現在は中国の内モンゴル自治区の一部)地方の民謡みんようです。心にしみるようなゆたかで美しい旋律せんりつは,単純たんじゅんでありながら,それがよけいに演奏者えんそうしゃの心を伝えてくるかのようで,きいていると心が安らぎます。モリンホールの美しい音色を十分に味わえる曲です。

ちなみに,「駿馬」とは,足の速いすぐれた馬のことです。


ホーミー「人間が一度に出すことのできる声は一つだけ」という,みんながあたりまえのことと考えている常識じょうしきやぶるものが,モンゴルホーミーでしょう。このホーミーは,モンゴルの特定の部族の男性だんせいのみに伝えられる,特別な発声を使って歌われる民謡みんようや発声法のことを指しています。

もとになる声は,低い音域おんいきたもち続けながら発声されますが,よくきいていると,その上にまるで口笛のような高い音が同時に鳴りひびき,旋律せんりつをつくっています。そして,そのゆったりとした歌声や音色,ひびきが一つになって,きく人の心にしみこんできます。

ホーミーを歌うことはたいへんむずかしく,さらに体に大きな負担ふたんがかかるため,この歌い方をすることができる人は少ないといわれています。また,このことは女性や子どもにホーミー演奏者えんそうしゃが見られないことにもつながっています。

 

 

【参考曲】

・「故郷こきょう

この曲は,ヤンチン(楊琴)という楽器の伴奏ばんそうとともに演奏えんそうされます。ヤンチンは,台形の箱にった金属製きんぞくせいげんを,2本の細いぼうで打って演奏します。ホーミー独特どくとくのひびきとヤンチンの音色がみごとに合わさって,おおらかでありながら,どこかもの悲しげな味わいを感じることができます。特別なひびきをもった旋律せんりつからは,はるか遠くにある地平線を思わせるような広大な様子が感じられ,故郷を思う人々の心を伝えているかのようです。

ホーミー

モンゴル

| モリンホール | ホーミー |


モリンホールは,「馬頭琴ばとうきん」ともばれます。2本のげんをもっていて,弓を使って音を出す楽器です。「モリン」とは馬という意味で,台形の共鳴胴きょうめいどう(音をよくひびかせるための箱)からのびるさおの先には,馬の頭の形をしたほり物が付いています。

弦と弓には馬のしっぽの毛が使われています。また,弦の音の高低の並びは,バイオリンなどの弦楽器とは逆になっています。昔は,共鳴胴には,動物の皮がられていましたが,今はほとんどが木製もくせいになっているそうです。

モリンホールは,モンゴルの人々にとって特別な民族楽器で,独奏どくそう,合奏,歌の伴奏ばんそうなど,いろいろな場面で使われています。バイオリンと同じように弦をこすって音を出す楽器ですが,バイオリンのものとはちがう,どこかのどかで,人の声を思わせるようなしっとりとした音色が魅力的みりょくてきです。

この楽器は現在げんざい,「モンゴル国型」と「中国の内モンゴル自治区型」の2種類があって,楽器の形,弦の音を調節する方法,弦の材質ざいしつ,使う楽譜がくふにそれぞれちがいがあります。例えば,モンゴル国型では五線譜を使いますが,内モンゴル自治区型では,五線譜ではない楽譜をときどき使うようです。楽器のひき方はチェロのひき方とていて,共鳴胴をひざの間にはさんで,棹を立てて,右手で弓を使って演奏します。

 

【参考曲】

・「三頭の駿馬しゅんめ

「三頭の駿馬」は,オルドス(現在は中国の内モンゴル自治区の一部)地方の民謡みんようです。心にしみるようなゆたかで美しい旋律せんりつは,単純たんじゅんでありながら,それがよけいに演奏者えんそうしゃの心を伝えてくるかのようで,きいていると心が安らぎます。モリンホールの美しい音色を十分に味わえる曲です。

ちなみに,「駿馬」とは,足の速いすぐれた馬のことです。


ホーミー「人間が一度に出すことのできる声は一つだけ」という,みんながあたりまえのことと考えている常識じょうしきやぶるものが,モンゴルホーミーでしょう。このホーミーは,モンゴルの特定の部族の男性だんせいのみに伝えられる,特別な発声を使って歌われる民謡みんようや発声法のことを指しています。

もとになる声は,低い音域おんいきたもち続けながら発声されますが,よくきいていると,その上にまるで口笛のような高い音が同時に鳴りひびき,旋律せんりつをつくっています。そして,そのゆったりとした歌声や音色,ひびきが一つになって,きく人の心にしみこんできます。

ホーミーを歌うことはたいへんむずかしく,さらに体に大きな負担ふたんがかかるため,この歌い方をすることができる人は少ないといわれています。また,このことは女性や子どもにホーミー演奏者えんそうしゃが見られないことにもつながっています。

 

 

【参考曲】

・「故郷こきょう

この曲は,ヤンチン(楊琴)という楽器の伴奏ばんそうとともに演奏えんそうされます。ヤンチンは,台形の箱にった金属製きんぞくせいげんを,2本の細いぼうで打って演奏します。ホーミー独特どくとくのひびきとヤンチンの音色がみごとに合わさって,おおらかでありながら,どこかもの悲しげな味わいを感じることができます。特別なひびきをもった旋律せんりつからは,はるか遠くにある地平線を思わせるような広大な様子が感じられ,故郷を思う人々の心を伝えているかのようです。



JASRAC許諾 M1303283012

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番14号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.