津軽三味線つがるじゃみせん

三味線しゃみせんは,中国の三弦(サンシエン)という楽器が日本に伝わり,三線さんしんとなり,それがさらに三味線に変わっていったと考えられています。
 3本のげんが張られ,それらをばちではじいて演奏えんそうします。
 どうの表面には,もともとねこや犬の皮がられていましたが,今では,合成の皮が使われています。
 また,さおの太さを目安にして,太棹ふとざお中棹ちゅうざお細棹ほそざおの3種類に分類するのが一般的いっぱんてきです。 津軽三味線は,太棹の中でも最も大型の三味線です。弦をはじくためのばち厚手あつでのものを使い,はげしく演奏されるのが特徴とくちょうです。その音色は,力強さとともに繊細せんさいさももっています。後に,数々の名人による演奏によって,独奏どくそう楽器としても注目されるようになりました。
 

【参考曲】
・「津軽じょんから節

 

 三線は,沖縄おきなわ奄美あまみ地方などで使われる楽器で,三味線とよくた形をしています。三線の胴には,ニシキヘビの皮が張られているのが特徴とくちょうです。
 また,三味線が弦をはじくのにばちを使うのに対し,三線は水牛の角などでできたつめ(下の写真)に人さし指を入れて演奏します。


教科書購入お問い合わせ先教科書購入のご案内教科書の利用許諾申請お問い合わせ会社情報個人情報保護方針採用情報


教科書協会
全国教科書供給協会
教科書著作権協会
楽譜コピー問題協議会

JASRAC許諾 M1303283012,9016192015Y45038

教育芸術社

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番14号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.