本文へスキップします。

【全】SP用買い物かご

教育芸術社のサイト内を検索 検索

【全】SP用ヘッダリンク

音楽しらべ隊

資料室 音楽しらべ隊 資料室 音楽しらべ隊

コンテンツ

津軽つがるじょんから節

 青森県には,津軽三つ物または三大民謡みんようばれる音楽があります。「じょんから節」「よされ節」「おはら節」の3曲です。「じょんから節」はこれらの中でも,特に知られています。 
 「じょんから節」の始まりにはいくつかの説があります。一般的いっぱんてきには,江戸時代えどじだい後期に越後えちご(今の新潟にいがた県)で生まれた「新保広大寺節しんぼこうだいじぶし」がそのもとであると考えられています。「新保広大寺節」は,歌い手の「越後ごぜ」たちによって口説節くどきぶし(物語を長々と語るもの)となり,全国に歌い広められました。「じょんから節」は,北上した「ごぜ」たちによって歌いつがれたこの口説節が変化したものと考えられています。

 「じょんから」という名の由来についてもいくつかの説があります。ここでは,南津軽郡みなみつがるぐんを流れる浅瀬石川あせいしがわ上流の「上河原じょうがわら」という場所に関する説をしょうかいします。 
 昔,津軽藩つがるはんが土地を切り開くために,浅瀬石あせいし城主じょうしゅだった千徳政氏せんとくまさうじという人のおはかをほり起こそうとしました。 
 そのとき,常縁じょうえんというそうが,墓をほり起こすことに反対して,津軽藩に抗議こうぎをしました。しかし,このことが原因げんいんで,常縁は追われる身となり,最後は川に身を投げて死んでしまいました。そのため,村人はその河原かわら常縁河原じょうえんがわらと呼び,常縁のれいをなぐさめるために歌い出した口説節が,この歌の始まりといわれています。 
 その後「常縁河原」は「上河原じょうがわら」と呼ばれるようになり,「じょうがわら」が「じょんから」に変化したといわれています。

 津軽じょんから節には,テンポの速い「旧節きゅうぶし」,ゆるやかな「中節」,やや速度を上げて歌い上げる「新節」,いちばんのり上がりとなる「新旧節」などがあります。歌の前には,津軽三味線つがるじゃみせんによる前奏ぜんそう演奏えんそうされます。また,津軽じょんから節には,曲弾きょくびきといわれる,歌の入らない津軽三味線の演奏だけによるものもあります。

ねぶたばやし

「ねぶた祭り」は青森県の夏のお祭りです。津軽地方つがるちほうのいくつもの市町村で行われます。大きな行燈あんどんに明かりをつけて,大勢おおぜいで町を練り歩く夜のお祭りです。
 中でも有名なのが青森市の「ねぶた祭り」と弘前市ひろさきしの「ねぷた祭り」です。形の上から,青森市のねぶたは「人形ねぶた」とばれ,木と針金はりがねと紙で作った人や動物の形を組み合わせたものです。一方,弘前市のねぷたは「扇ねぷたおうぎねぷた」と呼ばれ,大きな扇形の行燈に武者絵や中国の昔のお話の絵などをえがいたものです。

 では,青森市の「ねぶた祭り」について少しくわしく説明しましょう。
 青森市の「ねぶた祭り」は国の重要無形民俗文化財じゅうようむけいみんぞくぶんかざいに指定されており,毎年350万人をこえる観光客でにぎわいます。ねぶたの大きさは,横幅はば9メートル,高さ5メートル,奥行きおくゆき7メートルほどで,見上げるような大きさです。題材は,歌舞伎かぶきや日本の歴史,中国の昔のお話などから選ばれます。
 ねぶたの前にはたくさんの跳ね人はねとと呼ばれる人たちがいて,お囃子はやしに合わせて跳ねるようにおどったり,「ラッセラー,ラッセラー,ラッセラッセラッセラー」と掛け声かけごえをかけたりしながら進みます。また,ねぶたの後ろにはお囃子を演奏えんそうする人たちがしたがいます。このようなねぶたが20台以上も次々と大通りを練り歩くのですから,たいへん大がかりなお祭りです。

 「ねぶたばやし」は,このねぶたが進むときのお囃子※です。使われる楽器は大きな太鼓たいこと横笛,それに手振り鉦てぶりがねと呼ばれるシンバルにた小さな打楽器です。
 「ねぶたばやし」は,はずむようなリズムの元気のよい2拍子びょうしの音楽です。2小節で1フレーズ,7つのフレーズで1まとまりです。ねぶたが進むときにはこの7つのフレーズのまとまりをくり返し演奏します。青森の人たちは遠くからこのお囃子が聞こえてくると,うきうきと踊り出したくなるのだそうです。

※注
 「ねぶたばやし」は,くわしくいうとねぶたが進むときのお囃子のほかに,格納庫かくのうこであるねぶた小屋から出るときのお囃子や,祭りが終わってねぶた小屋にもどるときのお囃子など,何通りもあるのですが,ここでは簡単かんたんに説明しました。実際じっさいに青森市民に親しまれているのも「進行のお囃子」です。


【参考曲】
 ・岩木山いわきさん山参詣さんけい
  「登山ばやし」「下山ばやし」
 ・津軽の五大民謡
  「津軽あいや節」
  「津軽小原節つがるおはらぶし
  「津軽三下りつがるさんさがり
  「津軽じょんから節」
  「津軽よされ節」
 ・南部七節なんぶななふし
  「南部あいや節」「南部馬方三下りなんぶうまかたさんさがり
  「南部追分なんぶおいわけ」「南部甚句なんぶじんく
  「南部どどいつ」「南部にかた節」「南部よされ節」ソーラン節そーらんぶし

【全】住所・電話番号

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番15号 
Phone:03-3957-1175 /
Fax:03-3957-1174

【全】PCスマホ切替