ガーナ

 アフリカに住む人々の生活の中では,音楽がとても多くの役割やくわりを果たしています。例えば,神話や伝説,教訓,身の回りの出来事などが,音楽にり交ぜられて演奏されます。また,病人の治療ちりょう,雨ごいなどの呪術じゅじゅつ宗教的しゅうきょうてきな目的に,音楽が使われることもあります。そして,人生の節目となる大切な行事(子どもの誕生たんじょう,成人式,結婚式けっこんしき葬式そうしきなど)でも,音楽はなくてはならないものになっています。

トーキングドラムは,ふだんの生活で使われる言葉の中で,まるで音楽のように上がり下がりのある言葉の長短や強弱,高低などをドラムでまねして,聞き手に伝えようとしています。

アフリカでは,トーキングドラムは「ブングング」とばれ,伝えたい内容ないようを伝達するための信号として使われていました。こちらが,本来の意味でのトーキングドラムです。例えば,裁判さいばんなどで,さまざまな意思を伝えるために使用されるなど,トーキングドラムにはとても大切な役割があります。また,ふだんの生活で使われるような物や場所などすべてを,表すことができるといわれています。

さらにもう一つ,音楽として楽しむために行われるトーキングドラムがあります。民族音楽としては,こちらのトーキングドラムのほうが,人々の注目を集めつつあるようです。

 

【参考曲】

・「オバタラ」

「オバタラ」は,アフリカ西部にあるナイジェリアヨルバ民族の神話に登場する神様の名前です。ここでのトーキングドラムは,その神様との交信を目的として演奏えんそうされています。太鼓たいこによって表現ひょうげんされる音色のおもしろさや打楽器によるリズムの複雑ふくざつな重なりなどが,ききどころとなるでしょう。



JASRAC許諾 M1303283012

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番14号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.