滝(たき)廉太郎(れんたろう)

(1879〜1903 東京)
滝廉太郎は,明治時代,日本が西洋音楽を導入し始めたころの代表的な作曲家です。
明治12年に東京で生まれたかれは,地方役人の父の仕事のため,富山県や大分県で育ちました。子どものころから音楽が好きで,当時としてはめずらしく小学校の先生にオルガンを習ったりしましたが,本格的に音楽を学んだのは,15さいの年にで東京音楽学校に入学してからのことです。
彼は,音楽学校でピアノや作曲にめきめきと才能を発揮し,21歳のころには,代表作の歌曲「花」,中学唱歌「荒城こうじょうの月」「箱根八里」,幼稚園ようちえん唱歌「お正月」などを作曲しました。やがて彼は文部省からドイツへの留学を命じられ,22歳でライプツィヒ音楽院への入学を果たします。しかし,2か月ほどして重い病気でたおれ,帰国後,わずか23年の生涯しょうがいを閉じました。
短い人生のため作品の数はとても少なく,そのほとんどが声楽曲ですが,彼は日本で初めて本格的な西洋音楽のスタイルを取り入れ,今日まで歌いつがれる名曲を残しました。

※東京音楽学校:現在の東京芸術大学音楽学部。
※文部省:現在の文部科学省。



JASRAC許諾 M1303283012

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番15号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.