スメタナ

(1824〜1884 チェコ)
チェコの作曲家であるスメタナは,早くから音楽の才能を発揮していました。音楽家としての道を歩むために,10代の終わりには独りでプラハに向かい,そこでピアノと作曲の勉強に取り組みました。
ちょうどそのころチェコでは,オーストリアの支配からけだし自国の文化を守ろうとする運動が高まりを見せていました。スメタナもこの運動を支持し,作曲家として「チェコ国民の音楽」を創造すべく,民族的な要素を生かした作品を次々と発表していきました。
代表作としては,オペラ「売られた花嫁はなよめ」や,聴力ちょうりょくを失いながらも構想から7年の歳月さいげつをかけて書き上げた連作交響詩こうきょうしが祖国」などがあります。この「我が祖国」は6曲の交響詩からなっていて,その第2曲が「ブルタバ(モルダウ)」です。


JASRAC許諾 M1303283012

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番14号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.