シベリウス

(1865〜1957 フィンランド)
フィンランドを代表する作曲家として知られるシベリウスは,ドイツやロシアなどの作曲家から大きな影響えいきょうを受けながらも,フィンランドの伝統や自然に根ざした作品の創作に力を注いだ人物です。
幼いころからピアノやヴァイオリンを学び,また作曲も独学で身につけたシベリウスは,やがてヘルシンキ音楽院に入学し,さらにその後ベルリンとウィーンに留学して,音楽家としての確かな技術を身につけました。 
デビュー作「クレルヴォ交響曲こうきょうきょく」で注目を浴びたシベリウスは,ヘルシンキ音楽院で作曲とヴァイオリンを指導する一方で,交響詩「フィンランディア」などの 作品を発表し続け,やがては国の年金を受けて作曲活動に専念するようになりました。 
フィンランドの民族的な要素を素材としたシベリウスの作品は,当時ロシアの圧政に苦しんでいたフィンランド国民によって支持され,かれは国民の英雄えいゆうとして尊敬を集めました。また,海外にもたびたび足を運び,自作の演奏会を開いて大きな成功を収めました。
しかし彼は,1920年代で創作活動を打ち切り,1957年に91さいでその生涯しょうがいを終えました。


JASRAC許諾 M1303283012

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番15号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.