ロッシーニ

(1792〜1868 イタリア)
19世紀前半のイタリア オペラ界を代表する作曲家ロッシーニは,イタリアの小都市ペーザロで生まれました。旅回りのオペラ団でホルンを演奏していた父から音楽の教育を受けたかれは,ボローニャの音楽学校を出て,若きオペラ作曲家としてのスタートを切りました。
「タンクレーディ」「セビーリャの理髪師りはつし」といったオペラの大成功によって,20代にしてヨーロッパ中に知られる存在となった彼は,ウィーンやロンドンを訪問した後,パリに拠点きょてんを移します。ここでイタリア座の芸術監督かんとくを務め,33さいのときにはフランス国王シャルル10世の即位そくいを祝う曲で「国王の第一作曲家」という称号しょうごうをもらいました。しかし,37歳でオペラ「ウィリアム テル」を発表したあとは,オペラの世界から引退し,年金暮らしをしながら小さなピアノ曲や歌曲を作曲するという後半生を送りました。


JASRAC許諾 M1303283012

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番14号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.