レスピーギ

(1879〜1936 イタリア)
レスピーギは,20世紀前半に活動したイタリアの作曲家です。
イタリアのボローニャに生まれたかれは,父に音楽の手ほどきを受けたあと,ボローニャの音楽学校で学びました。その後,ロシアにわたり,ペテルブルク帝室ていしつ歌劇場のヴィオラ奏者になります。このころリムスキー=コルサコフに作曲を学び,のちにドイツのベルリンでブルッフにも教えを受けました。30代半ばでローマのサンタ チェチーリア音楽院の作曲科教授に就任しゅうにんし,40代半ばには院長を2年間務めました。
彼の作品の中で特に有名なのは,ローマ三部作と呼ばれる3つの交響詩こうきょうし「ローマの噴水ふんすい」「ローマの松」「ローマの祭り」です。また,古い時代の音楽に関心をもっていた彼は,モンテヴェルディやバッハらの作品の編曲を手がけたほか,16〜17世紀のリュート曲に基づく「リュートのための古いアリアと舞曲ぶきょく」などの作品も残しています。

※リュート:古い時代の弦楽器げんがっきで,ギターに似ています。ネックの上の部分が後ろに折れ曲がっているのが特徴とくちょうです。



JASRAC許諾 M1303283012

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番14号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.