ラヴェル〔ラベル〕

(1875〜1937 フランス)

 ラヴェルは,スペイン国境近くのフランスの町で,スイス人の父とバスク系フランス人の母との間に生まれました。まもなく一家はパリに移り住み,ラヴェルもここで音楽の勉強を始めます。
パリ音楽院で学び,作曲家としての活動に入ったかれは,若くして数々の傑作けっさくを生み出していきました。第1次世界大戦が起こると,ラヴェルもまた輸送部隊の運転手として戦地へおもむきました。大戦が終わると,再び作曲活動にもどり,さらには指揮者として各地で自分の作品を演奏しました。この時期には,戦前より数は少ないものの,バレエ音楽「ボレロ」や「左手のためのピアノ協奏曲」などの充実じゅうじつした作品が生まれました。
ラヴェルの音楽には,管弦楽かんげんがくたくみなあつかい,古典的な形式感,東洋の音楽やジャズによる影響えいきょう,和声とリズムの新しい試みなど,さまざまな要素がみられます。ときに「職人的」ともいわれる彼の緻密ちみつな作曲技法は,のちの時代にも高く評価されています。



JASRAC許諾 M1303283012

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番14号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.