プロコフィエフ

(1891〜1953 ロシア)
プロコフィエフは,ロシアがソヴィエト連邦れんぽうへと移り変わる激動の時代に生きた作曲家です。
早熟なプロコフィエフは,10さいになる前に作曲を始め,ペテルブルク音楽院の生徒であったころから次々と話題作を発表しました。1917年のロシア革命のあと,アメリカに亡命し,のちにフランスに移り住みます。その間,ピアニストとして活躍かつやくしながら,オペラ「3つのオレンジへのこい」「ほのおの天使」,ピアノ協奏曲第3番などをはじめとする多くの作品を書き上げました。
40代の半ばにソヴィエトにもどってからは,時にソヴィエト当局による批判に苦しみながら,「き手にわかりやすく,しかも独創的な音楽」をつくろうと努力を続けました。このソヴィエト時代に生まれた代表的な作品には,バレエ音楽「ロメオとジュリエット」,子どものための物語「ピーターとおおかみ」,ピアノ ソナタ第7番などがあります。


JASRAC許諾 M1303283012

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番14号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.