岡野貞一(おかのていいち)

(1878〜1941 鳥取)
岡野貞一は,明治の終わりごろから,多くの唱歌を作った作曲家です。
かれは明治11年,鳥取県に生まれました。7さいで父親をくしたのち,岡山おかやまにいた姉のもとでキリスト教系の学校に通い,ここで音楽の基礎きそを学びました。18歳のとき東京音楽学校に入学し,卒業後はこの学校で教えながら,文部省唱歌の作曲委員を務めました。
作曲した唱歌には,作詞委員であった高野辰之たつゆきとのコンビによる「日のまる」「春がきた」「春の小川」「もみじ」「おぼろ月夜」「ふるさと」などがあります。これらは今日の音楽の教科書にも取り上げられ,広く歌いつがれています。また彼は,日本各地の校歌の作曲も数多く手がけました。

※東京音楽学校:現在の東京芸術大学音楽学部。
※文部省唱歌:明治の終わりから昭和初期にかけて文部省が編集した音楽の教科書に掲載けいさいされた歌。文部省は,現在の文部科学省。



JASRAC許諾 M1303283012

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番14号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.