成田(なりた)為三(ためぞう)

(1893〜1945 秋田)
成田為三は,大正時代に起こった童謡どうよう運動において活躍かつやくした作曲家として知られています。
明治26年,秋田県に生まれたかれは,21さいで東京音楽学校の師範しはん科に入り,また個人的に山田耕筰こうさくに作曲を学びました。在学中に,林古渓こけいの詩「浜べ」をもとに歌曲「浜辺の歌」を作曲し,このデビュー作が彼の代表作となりました。
卒業後は,小学校の音楽の先生をしながら作曲を続け,童話雑誌『赤い鳥』に多くの童謡を発表しました。特に,それまでは詩だけが発表されていたこの雑誌に,初めて楽譜がくふ付きで掲載けいさいされた彼の「かなりや」は,日本の童謡の第1号であり,たいへん好評を呼びました。
彼はその後,28歳からドイツに4年間留学して作曲を学び,帰国後はいくつかの学校で教えながら,『和声学』などの著作も手がけました。そのほか,作品にはピアノ曲,管弦楽曲かんげんがっきょくなどがありましたが,その多くは空襲くうしゅうで失われています。

※東京音楽学校:現在の東京芸術大学音楽学部。
※師範科:学校の先生になるための勉強をする科。



JASRAC許諾 M1303283012

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番15号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.