中田(なかだ)章(あきら)

(1886〜1931 東京)
中田章は,明治から昭和初期にかけて活動した日本の作曲家,オルガニストです。かれは明治19年に東京で生まれ,東京音楽学校で学んだのち,この学校でオルガンや音楽理論を教えました。
作曲家としては,春を待ちわびる思いを歌った唱歌「早春賦そうしゅんふ」によってたいへん有名になりました。この曲は,大正初期に,同じ東京音楽学校で国語を教えていた吉丸よしまる一昌かずまさが詩を書き,同僚どうりょうだった中田章に作曲を依頼いらいしたことによって生まれたものです。
また彼は,「夏の思い出」の作曲者,中田喜直よしなおの父でもあります。

※東京音楽学校:現在の東京芸術大学音楽学部。


教科書購入お問い合わせ先教科書購入のご案内教科書の利用許諾申請お問い合わせ会社情報個人情報保護方針採用情報


教科書協会
全国教科書供給協会
教科書著作権協会
楽譜コピー問題協議会

JASRAC許諾 M1303283012,9016192015Y45038

教育芸術社

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番14号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.