メンデルスゾーン

(1809〜1847 ドイツ)
祖父は哲学者てつがくしゃ,父は富裕ふゆうな銀行家であったメンデルスゾーンは,幼いころからめぐまれた環境かんきょうの下でその才能をのばしました。かれは,有名な音楽家たちとのふれ合いやヨーロッパ各地への旅行によって,広い音楽の教養を身につけ,早い時期から演奏家,指揮者,また作曲家として活動しました。
ベルリン大学の学生であった20さいのとき,彼はバッハの「マタイ受難曲」の再演を行いました。これによって,長く忘れられていたバッハの音楽に再び注目が集まったことは,今日も高く評価されています。彼はその後,26歳からライプツィヒのゲヴァントハウス管弦楽団かんげんがくだんの指揮者を務め,ライプツィヒ音楽院の創設にも力をつくしました。
メンデルスゾーンは38年という短い生涯しょうがいに,多数の作品を残しています。代表曲には,交響曲こうきょうきょく第3番「スコットランド」,劇付随ふずい音楽「真夏の夜の夢」,ヴァイオリン協奏曲 ホ短調,ピアノ曲「無言歌集」などがあります。


JASRAC許諾 M1303283012

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番14号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.