ハチャトゥリヤン

(1903〜1978 ロシア)
グルジア共和国に生まれたハチャトゥリヤンは,カフカス地方のさまざまな民俗みんぞく音楽に親しみながら育ちました。商業学校で学び,やがてモスクワ大学に入学しますが,そのころ音楽の才能を認められ,あらためて音楽学校でチェロや作曲を学びました。 
アルメニア人であるかれは,アルメニアやその周辺の地域の民俗音楽の要素と西洋音楽を結びつけ,数々の独創的な作品を世に送り続けます。第2次世界大戦後,ソヴィエト連邦れんぽうで多くの芸術家が国家の考えに合わないとして攻撃こうげきされたときには,ハチャトゥリヤンの音楽もあらぬ批判を受けました。しかし,のちに名誉めいよを回復し,高い評価を受けて作曲家としての人生を終えています。
代表的な作品には,ピアノ協奏曲,ヴァイオリン協奏曲,舞踊ぶよう組曲「ガイーヌ」「スパルタクス」などがあります。特に「ガイーヌ」の中の「つるぎまい」は有名で,広く人々に親しまれています。


JASRAC許諾 M1303283012

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番14号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.