ヨゼフ シュトラウス

(1827〜1870 オーストリア)
ヨゼフ シュトラウスは,「ワルツの父」と呼ばれるヨハン シュトラウス[父]の次男としてウィーンに生まれました。父の考えにより,最初は音楽家とは別の道を歩んでいましたが,ある時,病気になった兄のヨハン シュトラウス[子]の代わりに指揮者を務めることになり,これがきっかけで音楽の道に入りました。やがて作曲も始め,持ちまえの才能を生かして,兄の作品とは異なる味わいをもつ舞曲ぶきょくを生み出していきました。
ヨゼフの多くの作品の中では,「オーストリアの村つばめ」「天体の音楽」などのワルツや,「鍛冶屋かじやのポルカ」「女心」などのポルカが有名です。また,兄と共作の「ピチカート ポルカ」もよく知られています。

※ポルカ:チェコの民族舞曲みんぞくぶきょくはやい2拍子びょうしが特徴。



JASRAC許諾 M1303283012

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番14号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.