ヘンデル

(1685〜1759 ドイツ→イタリア→イギリス)
ジョージ フリデリック ヘンデルは,ヨハン ゼバスティアン バッハと同じ時代の代表的な作曲家の一人です。ヘンデルはドイツに生まれ,後にイタリアにわたりますが,人生のほとんどはイギリスでごしました。 
医師いしであったヘンデルの父は,息子が音楽をこころざすことに反対でしたが,子どものころ音楽の才能を見いだされたことがきっかけとなって,音楽を学ぶことになりました。 
大学を卒業後,大聖堂だいせいどうの見習いオルガン奏者そうしゃになりますが,オペラ作曲家を目指して1703年に故郷こきょうをはなれ,その後,ドイツのハンブルクからイタリアにわたりました。このイタリアでごした3年間の生活によって,かれの基本的きほんてきな音楽スタイルが完成しました。後にイギリスへわたったヘンデルは,ロンドンを中心に活躍かつやくするようになり,当時の王室のために,オペラ,オラトリオ,組曲「水上の音楽」「王宮の花火の音楽」など数多くの作品を作曲しました。


JASRAC許諾 M1303283012

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番14号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.