フランク

(1822〜1890 ベルギー→フランス)
ベルギーのリエージュで生まれたフランクは,フランスにわたって作曲家,オルガニスト,教育家として活動しました。 
かれの父親は,息子むすこを名演奏家に育てたいという夢をもっていました。フランクが12さいのときに一家はパリに引っ越し,彼はパリ音楽院で学びます。やがて演奏家,作曲家として活動を始めますが,はなやかな演奏活動をさせたい父と意見が衝突しょうとつし,両親のもとをはなれました。
その後,彼はしばらく学校の先生やオルガニストの仕事をして生活しました。35歳からパリのサント=クロティルド教会のオルガニストを務め,みごとな即興そっきょう演奏で人々の注目を集めるようになります。さらに,50歳ごろにはパリ音楽院の教授にも任命され,多くの弟子でしを育てました。
作曲家としては,特に60歳を過ぎてから充実じゅうじつした作品を次々と発表しました。代表曲には,ヴァイオリン ソナタ イ長調 などがあります。

※即興演奏:音楽をその場でつくりながら演奏すること。



JASRAC許諾 M1303283012

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番14号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.