ファリャ

(1876〜1946 スペイン)
ファリャは,20世紀前半のスペインの作曲家です。スペイン南部の都市カディスに生まれたかれは,母にピアノを学び,また若いころから作曲も始めていました。20代の初めにマドリードに出て,ピアノと作曲のうでをみがいたあと,今度はパリへと向かいます。ここで多くの作曲家たちと出会い,彼らから大きな影響えいきょうを受けました。そして,ファリャはそこからさらに一歩ふみ出し,スペインの民俗みんぞく音楽の要素を取り入れた独自の作風を確立するのです。
代表的な作品には,40さいごろから次々と発表された,交響的こうきょうてき印象「スペインの庭の夜」,バレエ音楽「こい魔術師まじゅつし」「三角帽子ぼうし」,その後グラナダに移り住んでから作曲されたチェンバロ協奏曲などがあります。また,舞台ぶたいカンタータ「アトランティダ」の作曲は,途中とちゅうでアルゼンチンへの移住をはさみ,ファリャの最後の20年の月日をかけて続けられましたが,未完成に終わりました。


JASRAC許諾 M1303283012

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番14号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.