ショパン

(1810〜1849 ポーランド)
フレデリック フランソワ ショパンは,ポーランドの首都ワルシャワの近くで生まれました。父親はフランス人,母親はポーランド人です。4さいのころよりピアノを始めて,幼いころからすぐれた才能さいのうをすでにのぞかせていました。20歳になるとポーランドを出て,音楽家としての活躍かつやくの場を広げていきます。しかし,それから二度とポーランドにもどることはなく,1849年に39歳でなくなるまでのほとんどを第二の祖国そこくともいえるフランスでごしました。 
「ピアノの詩人」とばれるように,ショパンの作品のほとんどはピアノのために書かれています。愛らしい「小犬のワルツ」などをはじめ,洗練せんれんされた独特どくとくの美しい作品を数多く残し,ピアノ音楽の新しい様式を生み出しました。

教科書購入お問い合わせ先教科書購入のご案内教科書の利用許諾申請お問い合わせ会社情報個人情報保護方針採用情報


教科書協会
全国教科書供給協会
教科書著作権協会
楽譜コピー問題協議会

JASRAC許諾 M1303283012,9016192015Y45038

教育芸術社

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番14号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.