バルトーク

(1881〜1945 ハンガリー)
ハンガリーに生まれたバルトークは,すぐれたピアニストであり,20世紀を代表する作曲家の一人です。また,ハンガリーの民族独立運動に深く共感して,この国の民俗みんぞく音楽の研究を行い,すばらしい成果を上げました。
バルトークは子どものころは母親にピアノを習い,成長してからはブダペスト王立音楽院で学びます。卒業後は,ピアニストとして,また作曲家として国際的な活動を展開しました。 
一方でかれは,ハンガリー民謡みんようの収集を始め,同じく民謡の研究をしていた作曲家コダーイに刺激しげきを受けます。その後,2人は協力して民俗音楽の研究や出版に当たりました。
バルトークの数々の作品は,民謡の要素を取り入れたり,リスト,ドビュッシー,シェーンベルクといった作曲家の影響えいきょうを受けながらも,彼独自の感覚につらぬかれています。代表曲には「管弦楽かんげんがくのための協奏曲」などがあります。

※民俗音楽:民謡のように,その土地と結び付いて古くから人々の間に伝わる音楽。



JASRAC許諾 M1303283012

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番14号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.