芥川也寸志

芥川あくたがわ也寸志やすし
(1925〜1989 東京)
芥川也寸志は,戦後の時代に活躍かつやくした日本の作曲家です。
かれは大正14年,作家,芥川龍之介りゅうのすけの三男として東京に生まれました。2さいで父をくした彼は,子どものころ,父の残したレコードでストラヴィンスキーの音楽を聴くのが好きだったそうです。
16歳のころに音楽の道へ進むことを決意すると,もう勉強の末,18歳の年に東京音楽学校の作曲科に入学します。そのころ日本は第二次大戦の真っただ中で,彼もまもなく学徒動員によって陸軍戸山とやま学校軍楽隊に入りますが,終戦後に音楽学校にもどり,伊福部いふくべあきらに学んで大きな影響えいきょうを受けました。
作曲家としては,25歳のときに「交響管弦楽こうきょうかんげんがくのための音楽」がNHKの管弦楽曲懸賞けんしょうの特賞となり,注目を集めます。その後,だん伊玖磨いくままゆずみ敏郎としろうとともにグループ「3人の会」を結成し,管弦楽曲を中心に数々の作品を発表していきました。
主な作品には,弦楽のための3楽章「トリプティーク」や「エローラ交響曲」などがあります。また彼は,映画音楽や放送音楽,「小鳥のうた」などの童謡どうようも数多く作曲しました。そのほか,テレビの音楽番組の司会やアマチュアの新交響楽団の音楽監督かんとくなども務め,たいへん幅広い活動を行いました。

※東京音楽学校:現在の東京芸術大学音楽学部。
※伊福部昭(1914-2006):戦前から戦後にわたって活躍した日本の作曲家。「日本」をはじめ,民族色のい力強い管弦楽曲を多く書いたほか,映画「ゴジラ」の音楽の作曲者としても有名。



JASRAC許諾 M1303283012

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番14号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.