宮崎県みやざきけん | かりぼし切り歌かりぼしきりうた| 高千穂たかちほ夜神楽よかぐら|

 


かりぼし切り歌かりぼしきりうた

 九州,宮崎県の北部,熊本県くまもとけんに近い山間部に高千穂町たかちほちょうという地域ちいきがあります。ここは,たくさんの山々に囲まれ,夏はすずしいけれど冬は寒さがきびしく雪がり積もったり氷があつくはったりするところでもあります。
この地域で昔から歌いつがれているのが「かりぼし切り歌」です。

ここでらす人々は秋になると厳しい冬にそなえて,さまざまな冬じたくを始めます。家でっている牛や馬などの食料(まぐさ)の準備もその一つで,この地域の山の斜面しゃめんや谷間にたくさん生えている「かや」や「すすき」などを集め始めるのです。人々はそれらを大きなかまでどんどんり取っていきます。そしてそれを天日にしてよくかわかしました。このように干し草を「かり」とって「ほす」ときに歌われるのが「かりぼし切り歌(刈干切唄かりぼしきりうた)」なのです。
また,この歌は同時に家族の人々に「自分はここで仕事しているよ」と自分のいる場所を知らせる意味もあったといわれています。山々が深く,人間の背の高さ以上の草が生いしげっている所では作業の姿すがたが見えず,作業を無事に行っているか分からないので,家族の人々は歌の声をきいてその声色,大きさや歌い方などで作業をしている人の無事や健康状態じょうたい確認かくにんしてもいたのです。

そのためか,この歌は「ヤッホー」のように「オーーー」や「アーーー」など言葉の最後が長くのばされるばかりでなく,長くのばす部分が装飾そうしょくされたり抑揚よくようを付けて歌われたりします。その歌い方は人によってことなっており,遠くまで朗々ろうろうとひびくと同時に,だれが歌っているか遠くからきいても分かるような特徴とくちょうがあります。

そして,この歌がたいへんよく歌われていた様子が,次のようなお話からうかがい知ることができます。

「山では夜明けとともに歌声が上がり,あちらの谷,こちらの谷と一日中,
えることがなかった。」

【参考曲】
ひえつき節
木挽歌こびきうた
しゃんしゃん馬道中唄しゃんしゃんうまどうちゅううた
s
トップへ

高千穂たかちほ夜神楽よかぐら

 「高千穂の夜神楽」は,宮崎県みやざきけん北部に位置いちする高千穂地方につたわる伝統的でんとうてきな神楽です。
収穫しゅうかくに対する感謝かんしゃと,翌年よくとし豊作ほうさくねがい,毎年11月まつから翌年の2月はじめにかけて行われます。多くの場合,各地区かくちくごとに民家みんか神楽宿かぐらやどに決められ,そこで夜神楽が奉納ほうのうされます。
「高千穂の夜神楽」には33の番付ばんづけがあり,地域ちいきによってその順番じゅんばんい方などに多少のちがいはあるものの,面をつけずに舞われるまいや神様の面をつけた舞が夜を通してつづけられます。地域の生活に密着みっちゃくして行われる「高千穂の夜神楽」は,国の重要無形民俗文化財じゅうようむけいみんぞくぶんかざいにも指定されています。
また一方で,神楽が行われる時期以外いがいでもこの夜神楽を体験たいけんすることができるようにと,高千穂神社の神楽殿かぐらでんなどでは,観光客かんこうきゃく向けにまとめた神楽が奉納されています。
s
トップへ



JASRAC許諾 M1303283012

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番14号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.