山梨県やまなしけん

 


縁故節えんこぶし
 「アリャセー コリャセー えんうとも 縁で添うとも…」の歌詞かしで始まる「縁故節」は,山梨県を代表する民謡みんようの一つです。19世紀後半ころから峡北地方きょうほくちほう北巨摩きたこま)で歌われ伝わったと思われる仕事歌「えぐえぐ節」が元になっています。これを大正13年,韮崎市にらさきし山岳会さんがくかい白鳳会はくほうかい」の有志ゆうしが,地元の山岳観光を宣伝せんでんするために編曲へんきょくしたのものが,この「縁故節」の始まりです。

哀愁あいしゅうを帯びた「縁故節」は,単調・素朴そぼく情緒じょうちょ深い田舎いなかふうの静かな曲です。地区によっては,いろいろな「替え歌かえうた」が作られ,お座敷唄おざしきうた盆踊り唄ぼんおどりうたとして,また気軽に口ずさむ鼻歌として,長い間多くの人々に親しまれてきました。今でも地元小学校の運動会では,父母や地域ちいきの方々といっしょに,この「縁故節」を踊っています。

最後に,この曲の類似曲るいじきょくのことにふれなければなりません。それは「島原の子守歌しまばらのこもりうた」と「縁故節」の関係です。この2つの曲は,旋律せんりつと歌詞の構成こうせいがほとんど同じなのです。どちらの曲が原曲なのか,という疑問ぎもんについては,すでに九州や山梨の研究者,また各種団体だんたい調査ちょうさなどによって,「縁故節」が原曲であることが分かっています。

【参考曲】
馬八節うまはちぶし
奈良田ならだの子守歌
甲州金山節こうしゅうかなやまぶし
甲州よさこい節
ささら獅子舞歌ししまいうた丹波山村たばやまむら
s
トップへ



JASRAC許諾 M1303283012

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番14号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.