ピグミー族の合唱

アフリカ中央部

ピグミー属広大なアフリカ大陸にはさまざまな人々が住み,さらに気候や風土に合ったさまざまな生活スタイルがあります。これらの人種や生活様式のちがいは,音楽の様式や特徴とくちょうのちがいにも現れています。

ピグミー族は,主にアフリカ大陸中央部の熱帯雨林に古くから住み,りをして生計を立てる狩猟しゅりょう民族です。現在げんざいはアフリカ中央部(中央アフリカ共和国など)のほか,大陸の東部や南西部でも生活しています。ピグミー族は大きく3つのグループに分かれていて,その3つのグループもさらに細かく分かれています。

さて,アフリカ音楽の特徴の一つとして挙げられるのが,すばらしいリズム感覚です。その中でもピグミー族のリズム感覚は,特に複雑ふくざつに発達したものとして有名です。かれらのこのようなリズム感覚は,子どものころからそなわっているとされています。かれらが歌う歌には「ポリリズム(ちがったリズムが同時に演奏えんそうされること)」が用いられています。

アルプス地方のヨーデル独唱どくしょうに,手拍子てびょうしやかけ声,金属板きんぞくばんを打ち合わせる音が,複雑に組み合わさっています。さらに,子どもと大人のグループに分かれた合唱がそれぞれ重なり合うといった,高度な音楽表現にふれることもできます。



JASRAC許諾 M1303283012

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番14号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.