梁田(やなだ)貞(ただし)

(1885〜1959 北海道)
梁田貞は,大正から昭和にかけて,主に童謡どうようや歌曲を作った作曲家で,また非常に多くの生徒を育てた音楽教育家でもあります。
明治18年,北海道の札幌市さっぽろしに生まれたかれは,一度は札幌農学校へ入学しますが,音楽の夢をあきらめ切れず,父の反対をおし切って,24さいの年に東京音楽学校の声楽科へ入ります。ここで作曲にも目覚め,卒業後は中学校などで音楽の先生をしながら,研究科の声楽部,そしてさらに作曲部へと進みました。
テノール歌手としての活躍かつやくを期待されながらも,その後は音楽教育の道を選び,小学校や中学校,東京音楽学校,玉川学園ほか多くの学校で熱心な指導を行いました。生徒たちには「ライオン先生」と呼ばれ,親しまれたといいます。
作曲家としては童謡を多く作り,また歌集『大正幼年唱歌』などの編集も行いました。よく知られる曲には,「とんび」「どんぐりころころ」や,北原白秋はくしゅうの詩による歌曲「城ヶ島じょうがしまの雨」などがあります。

※東京音楽学校:現在の東京芸術大学音楽学部。



JASRAC許諾 M1303283012

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番14号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.