パレストリーナ

(1525〜1594 イタリア)
パレストリーナは,16世紀のイタリアの作曲家です。本名は「ジョヴァンニ ピエルルイージ」ですが,ローマにほど近いパレストリーナという地に生まれたことから,この出身地の名前による呼び方が定着しています。
少年のころは聖歌隊員として,その後はオルガニストとして活動したかれは,20代の半ばに,ローマのサン ピエトロ大聖堂の中にあるジュリア礼拝堂の楽長になりました。それ以来,彼はくなるまでローマで活躍かつやくし,無伴奏むばんそう合唱の宗教曲を中心に多くの曲をつくりました。
ルネサンス時代の厳格な作曲の規則を完璧かんぺきに使いこなしつつ,んだ美しいひびきの音楽をつくり上げた彼は,模倣もほう対位法の大家として,のちの時代まで高く評価され続けています。

※聖歌隊員:教会や宮廷きゅうていで礼拝のときに歌う歌手。 
※楽長:教会や宮廷などの楽団の中でいちばんえらい立場の人で,指揮や作曲をしたり,メンバーの指導に当たったりします。 
※模倣対位法:作曲技法の一つ。規則に従いながら,ある旋律せんりつをいくつかの声部が次々にり返すように曲をつくる方法。



JASRAC許諾 M1303283012

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番14号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.