ドボルザーク

(1841〜1904 チェコ)
スメタナに続くチェコの作曲家として,チェコの国民音楽をつくり上げたのがドボルザークです。かれは宿屋の長男に生まれ,家の跡継あとつぎとして期待されていましたが,ドボルザークの才能を見ぬいた人の後押あとおしを受けて,音楽の道に進むことになりました。
最初は貧しさとたたかいながらの歩みでしたが,ブラームスをはじめとする人々に支えられ,しだいに国外でも広く名前が知られるようになります。40代には作曲家としてたいへん充実じゅうじつした時期をむかえ,たびたび外国を訪問し,各地で大歓迎だいかんげいを受けました。
さらに,51さいのときにニューヨーク ナショナル音楽院の院長として招かれ,2年間をアメリカで過ごしました。ドボルザークはこのアメリカで,交響曲こうきょうきょく第9番「新世界から」,弦楽げんがく四重奏曲第12番「アメリカ」,チェロ協奏曲 ロ短調といった傑作けっさくを作曲しています。
ドボルザークは生涯しょうがいにわたり,ドイツ音楽とチェコの民俗みんぞく音楽を結びつけて新しい音楽をつくることに力を注ぎました。その功績は,世界中で高く評価されています。


JASRAC許諾 M1303283012

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番14号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.