ブラームス

(1833〜1897 ドイツ)
ブラームスは,19世紀の後半に活躍かつやくしたドイツの作曲家です。同じドイツの大作曲家バッハとベートーヴェンも頭文字がBであるため,この2人と並んで「ドイツ三大B」と呼ばれることもあります。
コントラバス奏者を父にもつブラームスは,幼いころからすぐれた音楽の才能を示し,早くからピアニストとして活動しました。やがて作曲も始め,作品はシューマンをはじめとする人々に高く評価されます。ちなみに,シューマン夫妻とはそれからも親しい交際が続きました。その後,ブラームスは指揮者として活動する時期もありますが,常に作曲の筆を休めず,晩年まで次々と作品を発表していきました。 
ロマン派の時代に生まれながら,伝統的な形式や様式を重んじたブラームスを,「古典主義者」と呼ぶ人もいます。しかし,彼の作品は「古典」のわくにとどまることなく,独自の新たな感覚に満ちたものとなっています。オペラを除いて,器楽曲,声楽曲のいずれにもすばらしい作品を数多く残しています。


JASRAC許諾 M1303283012

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番14号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.