愛媛県えひめけん 西条まつりばやしさいじょうまつりばやし 鹿踊り歌ししおどりうた新居浜にいはま太鼓たいこまつ

 


西条まつりばやしさいじょうまつりばやし
 愛媛県西条市の秋祭り「西条まつり」は,10月10日ごろから17日にかけて,嘉母神社かもじんじゃ伊曽乃神社いそのじんじゃ石岡神社いわおかじんじゃ飯積神社いいづみじんじゃで行われる祭りの総称そうしょうです。そこで歌われる「西条まつりばやし」は,地元では「伊勢音頭いせおんど」ともばれています。
西条まつりでは100台をこえる豪華絢爛ごうかけんらんなだんじりが登場し,町を練り歩きます。だんじりは花鳥かちょうや神話・伝説などを彫刻ちょうこくで表した屋台であり,かね太鼓たいこのひびきとともに「伊勢音頭」を歌いながら若者わかものがかついで町内を進みます。
伊勢音頭は伊勢国いせのくに現在げんざい三重県みえけん)で起こり,江戸時代えどじだいに京都や大坂(大阪)で流行して,全国に伝わりました。西条では江戸時代には,まだ歌われていなかったようで,明治時代の中ごろからさかんに歌われるようになったといわれています。

歌詞かしの一部は次のとおりです。

伊勢はでもつ 津は伊勢でもつ(アラヨーイヨイ)
尾張名古屋おわりなごやは(ヤンレ)しろでもつ
(ササヤートコセーノヨーイヤナ ハリワイセ コリワイセ ササ ナンデモセー)
・ここの屋敷やしきは めでたの屋敷
つるかめとが まいを舞う
・うれしめでたや若松様わかまつさま
えだも栄えて 葉もしげる

なお,これと同様の歌詞は,松山地方の海岸部では神輿みこしをかつぐときに,また南予なんよ地方では「牛鬼うしおに」や「四ツ太鼓よつだいこ」と呼ばれる祭りの山車だしをかつぐときに歌われており,「伊勢音頭」は愛媛県内では最も広く歌われている祭り囃子として定着しています。

【参考曲】
櫂伝馬かいでんま(ホーランエンヤ)(吉海町よしうみちょう北条市ほうじょうし
亥の子搗歌いのこつきうた(愛媛県内全域)
s
トップへ

鹿踊り歌ししおどりうた
 鹿踊りは,愛媛県南予なんよ地方の秋祭りを代表する民俗芸能みんぞくげいのうです。一人立ちでり子せい鹿頭ししがしらをかぶり,むね鞨鼓かっこばれる太鼓たいこをかかえて踊るものです。

鹿踊りは,今から400年ほど前の江戸時代えどじだい初期,宇和島うわじま藩主はんしゅ伊達秀宗だて ひでむねが東北地方の仙台せんだいからうつってきたさいにもたらされたもので,踊り方や歌詞かし現在げんざいでも宮城県みやぎけん岩手県いわてけんの鹿踊りと共通する部分があります。宇和島では慶安けいあん2(1649)年に,一宮いちのみや祭礼が始まっており,そのときから鹿踊りが踊られていたと考えられています。
その後,宇和島から他の南予地方各市町村にも伝わっていき,各地の秋祭りで鹿踊りが踊られるようになりました。鹿踊りは南予地方の約100カ所の地区に伝えられ,その多くが現在でも伝承でんしょうされています。
宇和島では合計8人で踊る「八ツ鹿踊りやつしかおどり」が伝わっていますが,ほかの地域ちいきでは5人で踊る「五ツ鹿踊りいつしかおどり」が主流です。五ツ鹿踊りの場合,一人が雌鹿めじし役,二人が雄鹿おじし役,残り二人が「前鹿」,「後鹿」というおともの役をえんじます。

歌詞は,雄鹿が雌鹿をさがし見つけて,喜び勇んで帰るさまを,優雅ゆうがりで,すり足で動作しつつ歌い踊ります。

歌詞の一部は次の通りです。

・回れ回れ 水車みずぐるま おそく回りて
せきに止まるな せきに止まるな
中立なかだちが こしにさしたる すだれやなぎ
えだ折りそろえて 休み中立 休み中立
十三じゅうさんから これまで連れたる 雌鹿めじしをば
こなたの庭に かくし置かれた 隠し置かれた
・風がかすみを はらうて
今こそ雌鹿に うぞうれしや 逢うぞうれしや
・国から 急ぎもどれと 文が来た おいとま申して いざ帰ろう

【参考曲】
伊予節いよぶし
伊予万歳いよまんざい(松山市)
・宇和島さんさ(宇和島市)
s
トップへ

新居浜にいはま太鼓たいこまつ
 愛媛県新居浜市で毎年行われる秋祭りで,絢爛けんらん豪華ごうか太鼓たいこだいをかつぐ勇壮ゆうそうなお祭りとして人気があります。
 太鼓台は高さがおよそ5メートル,重さが2~3トンほどもある大きなもので,「かき」とよばれる人たちが100人以上いじょうでかつぎ,太鼓を打ち鳴らして笛やかけ声でもり上げながら市内を練り歩きます。
 このお祭りの最大さいだいの見どころは「かきくらべ」で,かく地区の太鼓台が一か所に集まり,かき夫がかたにかつぎ上げたり,両手をのばして持ち上げたりしてきそい合います。
 ふたまわりぐらい小さい,子どもたちがかつぐ太鼓台もあり,毎年お祭りをり上げています。
s
トップへ



JASRAC許諾 M1303283012

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番14号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.