パイプオルガン

パイプオルガン祖先そせんとなる楽器は,2000年以上も前に生まれたとされ,たいへん長い歴史をもっていて,宗教しゅうきょう音楽をはじめとして,さまざまなジャンルで使われています。
 みなさんがパイプオルガンを見たとき,まず目に入るのは,たくさんならんでいるパイプ(管)でしょう。同じ鍵盤楽器けんばんがっきの仲間であるピアノはげんをたたいて音を出しますが,パイプオルガンはパイプに空気を送りこみ,パイプを振動しんどう・共鳴させて音を出しています。
 このパイプには大きく分けて,2種類のものがあります。一つは「リード管」といい,クラリネットと同じようなしくみをもち,リード(金属きんぞくの板でできていることが多い)の振動をパイプに伝えて音を出します。もう一つは「フルー管」といって,フルートや尺八しゃくはちのように空気の流れでパイプを振動させて音を出します。
 パイプ自体には音の高さを自由に変えるしくみがないので,いろいろな高さの音を出すために,さまざまな形のものがあるのです。パイプオルガンは,こうしたたくさんのパイプと,それを鳴らすための風を送る装置そうち,そして楽器を操作そうさするための鍵盤の3つの部分からできています。
 こうしたしくみをもつパイプオルガンは,20本前後のパイプをもった小さなもの(ひざの上に置いて演奏えんそうする)から,1万本を超えるパイプをそなえるとても大きなもの(教会やコンサートホールなど建物の一部に組みこまれて設置せっちされている)まで,さまざまなものがあるのです。
 また,手で操作する鍵盤だけでなく,足で操作する鍵盤や「ストップ・ノブ」とばれる音色を設定するボタンを操作しながら演奏するのも,特徴とくちょうの一つです。
 

【参考曲】
・「トッカータとフーガ ニ短調



JASRAC許諾 M1303283012

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番15号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.