アメリカ

ゴスペルは,もともと「福音書ふくいんしょ」(イエス
キリストのことが書かれているもの)という意味です。現在げんざいでは,アフリカけいのアメリカ人たちが通う教会のオルガン奏者そうしゃなどによって,かれらのためにつくり出された現代風な聖歌せいかとされています。そのゴスペルは,教会の礼拝れいはいでは,とても大切な役割やくわりを果たしてきました。

1920年代には,規模きぼの小さい教会が数多くおこりましたが,それにともなって,ゴスペルも広まっていきました。また,街にいる伝道者,コンサートやレコード,アフリカ系アメリカ人向けのラジオ局なども,ゴスペルが広く知られるきっかけとして,大いに役立ちました。

ゴスペルは,「スピリチュアル」(宗教的しゅうきょうてきな意味での歌や民謡みんよう)の現代版げんだいばんともいえるものです。礼拝のための音楽ですが,ジャズのようにリズムに乗って足をふみ鳴らしたり手拍子てびょうしなども交えたりして,独唱どくしょうや合唱で歌われます。このような聖歌のスタイルは,かれらの故郷こきょうであるアフリカの慣習かんしゅうと関係があるのでしょう。アフリカの人々は,礼拝のときにはげしくおどったり歌ったりすることによって自分をわすれ,自らをき放って自由な気持ちになります。これとたような特徴とくちょうが,ゴスペルを使った礼拝にも見ることができるのです。教会においてゴスペルは,司祭(牧師ぼくしともばれる)の説教(深い意味のあるお話)と同じくらいの大切な役割を受け持っています。また歌詞かしは,天国での幸せを歌うものが多く見られます。先の「スピリチュアル」とは少しちがって,ゴスペルは,どちらかと言えば明るくて前向きな考えに満たされています。
 バンジョーは,アフリカに起源きげんをもつとされる楽器です。アフリカからアメリカ大陸へ働かされるために連れてこられた人たちの間で,ギターマンドリンといった楽器のえいきょうを受けながら発達しました。丸く平たいどうに表面のみ皮のまくり,長いさおがつけられた弦楽器げんがっきです。現在げんざいではフレット(弦をおさえる場所をしめすもの)があり,4〜5本の金属製きんぞくせいの弦が用いられています。プレクトラム
バンジョー
バンジョリンなど,弦の本数や楽器の形,棹の長さのちがうものがあります。

バンジョーマンドリンギターなどの楽器を使った演奏えんそうのスタイルの一つに,「ブルー
グラス
」とばれるものがあります。このスタイルは,速い2拍子系びょうしけいのリズムが特徴とくちょうで,1940年代にビル
モンロー
という人によってつくられたとされています。軽快けいかいで明るい感じの気分をもった演奏スタイルです。

 

 

【参考曲】

・「バンジョー ボーイ チャイムス」

ブルー グラス」とばれるスタイルの演奏えんそうで,軽快けいかいで生き生きとした感じの曲です。



JASRAC許諾 M1303283012

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番14号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.