トルコ

メヘテルハーネ
メヘテルハーネとは,トルコの軍楽隊ぐんがくたいのことです。軍楽隊とは,軍隊が行進するときなどに,ラッパや太鼓たいこなどで音楽を演奏えんそうする人たちのことをいいます。 
トルコの軍楽隊がいつごろから始まったものなのかは,よく分かっていませんが,大昔,遊牧民族であったトルコの人々が中央アジアで生活していたころではないかと考えられています。 
マルコ ポーロの「東方見聞録とうほうけんぶんろく」や7〜8世紀ごろの記録に,演奏の様子や楽器名が記されているものがあり,これらが数少ない手がかりです。小国からしだいに力をつけていったオスマン トルコが,1453年(このころ日本は室町時代で,まもなく応仁の乱おうにんのらん[1467]が起こり,戦国時代せんごくじだいへと入って行きます)にビザンツ帝国ていこく征服せいふくしてから軍楽隊の演奏もいっそうさかんになったようです。そして,15世紀後半〜16世紀には,このオスマン トルコの勢力せいりょくはますます広がって,その軍隊は地中海ちちゅうかい沿岸地域えんがんちいきや西アジアの一部,さらにはヨーロッパにまで進んだようです。この軍隊にとらえられた兵士が軍楽隊にも取りこまれたことが,後に軍楽隊が世界的に広まることにつながっているそうです。
軍楽隊に使われる楽器は,ボル(ラッパ),ズルナ(オーボエに似た楽器)といった管楽器,ダブル(両面の太鼓),ジル(シンバル),ナッカーラ(なべの形をした2つの小太鼓をつないだもの),キョス(ティンパニと似たもの),チャガーナ(すずや三日月のかざりが付いたつえ)といった打楽器です。このような楽器が,同じようなリズムをきざみ続けることで,独特どくとくなふんいきを生み出しています。 
歌が入るものと楽器だけのものがありますが,大きな特徴とくちょうとしてハーモニーがありません。一度きいたらわすれられないようなひびきをもっているこの音楽から受けたイメージをもとにして,モーツァルトやベートーベンは,「トルコ行進曲」とばれる曲をつくったといわれています。 
 
【参考曲】 
 ・「ジェッディン デデン」 
この曲名は「祖先そせんも祖父も」という意味で,日本ではテレビ番組のBGMやCMで使われたこともあります。

 



JASRAC許諾 M1303283012

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番14号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.