中学校 学習指導要領 [音楽](平成10年12月告示)

第1 目標

 新
 表現及び鑑賞の活動を通して、音楽性を伸ばすとともに、音楽を愛好する心情と音楽に対する感性を育て、豊かな情操を養う。  表現及び鑑賞の幅広い活動を通して,音楽を愛好する心情を育てるとともに,音楽に対する感性を豊かにし,音楽活動の基礎的な能力を伸ばし,豊かな情操を養う。

第2 各学年の目標及び内容

〔第1学年〕
1 目 標

 新
(1) 音楽表現の豊かさや美しさを感じ取らせるとともに,基礎的な表現の技能を伸ばし,創造的な表現の能力を養う。
(1) 音楽活動の楽しさを体験することを通して,音や音楽への興味・関心を養い,音楽によって生活を明るく豊かなものにする態度を育てる。
(2) 多様な音楽に興味と関心をもたせるとともに,幅広い鑑賞の能力を養う。 (2) 音楽表現の豊かさや美しさを感じ取り,基礎的な表現の技能を身に付け,創造的に表現する能力を育てる。 
(3) 音楽活動の喜びや共通の感動を体験させるとともに,進んで音楽活動をしようとする意欲を養い,音楽によって生活を明るく豊かなものにする態度を育てる。 (3) 多様な音楽に興味・関心をもち,幅広く鑑賞する能力を育てる。 

2 内 容

A 表 現

 新
(1) 表現の活動を通して,次の事項を指導する。
(1) 表現の活動を通して,次の事項を指導する。
 歌詞の内容や曲想を感じ取って,表現を工夫すること。
 歌詞の内容や曲想を感じ取って,歌唱表現を工夫すること。
 豊かな響きをもった歌声や明確な発音に気を付けて歌うこと。
 曲種に応じた発声により,言葉の表現に気を付けて歌うこと。
 楽器の基礎的な奏法を身に付け,美しい音色を工夫して表現すること。 楽器の基礎的な奏法を身に付け,美しい音色を工夫して表現すること。 
 声部の役割を感じ取り,全体の響きに気を付けて合唱や合奏をすること。  声部の役割を感じ取り,全体の響きに気を付けて合唱や合奏をすること。 
 旋律と和声とのかかわり及び主旋律と他の旋律とのかかわりを感じ取って表現すること。  短い歌詞に節付けしたり,楽器のための簡単な旋律を作ったりして声や楽器で表現すること。
 フレーズによる曲のまとまりを感じ取って表現すること。  表現したいイメージや曲想をもち,様々な音素材を用いて自由な発想による即興的な表現や創作をすること。 
 楽曲を特徴付けている音楽の諸要素の働きを感じ取り,表現を工夫すること。  音色,リズム,旋律,和声を含む音と音とのかかわり合い,形式などの働きを感じ取って表現を工夫すること。 
 短い歌詞に節づけしたり,楽器のための簡単な旋律を作って,声や楽器で表現すること。  速度や強弱の働きによる曲想の変化を感じ取って表現を工夫すること。 
 自由な発想による即興的な表現や創作をすること。  
(2) 表現教材は,次に示すものを取り扱う。
(2) 表現教材は,次に示すものを取り扱う。
 我が国及び諸外国の民謡並びに古典から現代までの作品のうち,平易で親しみのもてるものであること。
 我が国及び世界の古典から現代までの作品,郷土の民謡など我が国及び世界の民謡のうち,平易で親しみのもてるものであること。
 歌唱教材は,独唱曲,輪唱曲,二部合唱曲及び三部合唱曲とすること。
 歌唱教材には,各学校や生徒の実態を考慮して,次の観点から取り上げたものを含めること。

(ア) 我が国で長く歌われ親しまれているもの 
(イ) 我が国の自然や四季の美しさを感じ取れるもの 
(ウ) 我が国の文化や日本語のもつ美しさを味わえるもの
 器楽教材は,独奏曲,重奏曲及び合奏曲とし,歌唱曲の助奏や伴奏も含めること。
 歌唱教材として,次の共通教材を含めること。

「赤とんぼ」   三木露風 作詞 山田耕筰 作曲 
「さくらさくら」(合唱) 日本古謡 
「花の街」   江間章子 作詞 團伊玖磨 作曲

B 鑑 賞

 新
(1) 鑑賞の活動を通して,次の事項を指導する。
(1) 鑑賞の活動を通して,次の事項を指導する。
 楽曲の雰囲気や曲想及び楽曲を特徴付けている諸要素の働きと曲想とのかかわりを感じ取ること。ア 声や楽器の音色,リズム,旋律,和声を含む音と音とのかかわり合い,形式などの働きとそれらによって生み出される楽曲の雰囲気や曲想を感じ取って聴くこと。
 声や楽器の音色及びその組合せによる響きと効果を感じ取ること。
イ 速度や強弱の働き及びそれらによって生み出される楽曲の雰囲気や曲想の変化を感じ取って聴くこと。
 我が国の音楽及び諸外国の民族音楽における楽器の音色や奏法と歌唱表現の特徴を感じ取ること。
 我が国の音楽及び世界の諸民族の音楽における楽器の音色や奏法と歌唱表現の特徴から音楽の多様性を感じ取って聴くこと。 

エ 音楽をその背景となる文化・歴史などとかかわらせて聴くこと。
(2) 鑑賞教材は,次に示すものを取り扱う。
(2) 鑑賞教材は,我が国及び世界の古典から現代までの作品,郷土の伝統音楽及び世界の諸民族の音楽を取り扱う。
ア 我が国及び諸外国の古典から現代までの作品,郷土の音楽及び諸外国の民族音楽とすること。

 鑑賞教材として,次の共通教材を含めること。

雅楽「越天楽」    日本古曲 

「春」
(「和声と創意の試み」第1集「四季」から) 
ビバルディ 作曲 

「魔王」 シューベルト 作曲 

「モルダウ(ブルタバ)」  
 (連作交響詩「我が祖国」から)スメタナ 作曲

〔第2学年及び第3学年〕
1 目 標

 新
(1) 楽曲構成の豊かさや美しさを感じ取らせるとともに,表現の技能を伸ばし,創造的な表現の能力を高める。
(1) 音楽活動の楽しさを体験することを通して,音や音楽への興味・関心を高め,音楽によって生活を明るく豊かなものにし,生涯にわたって音楽に親しんでいく態度を育てる。
(2) 音楽に対する総合的な理解を深めるとともに,幅広い鑑賞の能力を高める。
(2) 楽曲構成の豊かさや美しさを感じ取り,表現の技能を伸ばし,創造的に表現する能力を高める。 
(3) 多様な音楽の学習を通して,音楽活動の喜びや共通の感動を体験させるとともに,主体的な音楽活動の仕方を身に付けさせ,音楽によって生活を明るく豊かなものにする態度を育てる。
(3) 音楽に対する総合的な理解を深め,幅広く鑑賞する能力を高める。

2 内 容

A 表 現

 新
 (1) 表現の活動を通して,次の事項を指導する。(1) 表現の活動を通して,次の事項を指導する。 
ア 歌詞の内容や曲想を味わい,曲にふさわしい表現を工夫すること。ア 歌詞の内容や曲想を味わい,曲にふさわしい歌唱表現を工夫すること。 
イ 豊かで美しい響きをもった歌声や明確で美しい発音の仕方を工夫して表現すること。 イ 曲種に応じた発声により,美しい言葉の表現を工夫して歌うこと。 
ウ 楽器の特徴や音色を生かし,曲にふさわしい奏法を工夫して表現すること。 ウ 楽器の特徴を生かし,曲にふさわしい音色や奏法を工夫して表現すること。 
エ 声部の役割を生かし,全体の響きに調和させて合唱や合奏をすること。 エ 声部の役割を生かし,全体の響きに調和させて合唱や合奏をすること。 
オ 旋律と和声とのかかわり及び主旋律と他の旋律とのかかわりを生かして表現すること。
オ 歌詞にふさわしい旋律や楽器の特徴を生かした旋律を作り,声や楽器で表現すること。 
カ 旋律の反復,変化や対照による曲の構成を生かして表現すること。 カ 表現したいイメージや曲想をもち,様々な音素材を生かして自由な発想による即興的な表現や創作をすること。 
キ 楽曲を特徴付けている音楽の諸要素の働きを理解して,表現を工夫すること。 キ 音色,リズム,旋律,和声を含む音と音とのかかわり合い,形式などの働きを理解して表現を工夫すること。 
ク 歌詞にふさわしい旋律や楽器の特徴を生かした旋律を作り,声や楽器で表現すること。 ク 速度や強弱の働きによる曲想の変化を理解して表現を工夫すること。 
ケ 自由な発想による即興的な表現や創作をすること。 
 (2) 表現教材は,次に示すものを取り扱う。(2) 表現教材は,次に示すものを取り扱う。
ア 我が国及び諸外国の民謡並びに古典から現代までの作品のうち,親しみのもてるものであること。
ア 我が国及び世界の古典から現代までの作品,郷土の民謡など我が国及び世界の民謡のうち,生徒の意欲を高め親しみのもてるものであること。
イ 歌唱教材は,独唱曲,輪唱曲,二部合唱曲,三部合唱曲及び混声四部合唱曲とすること。
イ 歌唱教材には,各学校や生徒の実態を考慮して,次の観点から取り上げたものを含めること。

(ア) 我が国で長く歌われ親しまれているもの 
(イ) 我が国の自然や四季の美しさを感じ取れるもの 
(ウ) 我が国の文化や日本語のもつ美しさを味わえるもの
ウ 器楽教材は,独奏曲,重奏曲及び合奏曲とし,歌唱曲の助奏や伴奏も含めること。

エ 歌唱教材として,次の共通教材を含めること。

〔第2学年〕 
「荒城の月」(合唱) 土井晩翠 作詞 滝廉太郎 作曲 
「夏の思い出」  江間章子 作詞 中田喜直 作曲 
「浜辺の歌」  林 古溪 作詞 成田為三 作曲

〔第3学年〕 
「早春賦」  吉丸一昌 作詞 中田 章 作曲 
「花」(合唱)  武島羽衣 作詞 滝廉太郎 作曲

B 鑑 賞

 新
(1) 鑑賞の活動を通して,次の事項を指導する。
(1) 鑑賞の活動を通して,次の事項を指導する。
ア 楽曲全体の曲想を味わって聴くこと。
ア 声や楽器の音色,リズム,旋律,和声を含む音と音とのかかわり合い,形式などの働きとそれらによって生み出される曲想とのかかわりを理解して,楽曲全体を味わって聴くこと。
イ 楽曲を特徴付けている諸要素の働きと曲想とのかかわりを理解して聴くこと。
イ 速度や強弱の働き及びそれらによって生み出される曲想の変化を理解して聴くこと。
ウ 反復,変化,対照による楽曲の構成,声や楽器の音色及びその組合せによる響きと効果を理解して聴くこと。
ウ 我が国の音楽及び世界の諸民族の音楽における楽器の音色や奏法と歌唱表現の特徴から音楽の多様性を理解して聴くこと。
エ 我が国及び諸外国の音楽について,およその時代的,地域的特徴を感じ取ること。
エ 音楽をその背景となる文化・歴史や他の芸術とのかかわりなどから,総合的に理解して聴くこと。
オ 音楽とその他の芸術とのかかわりを総合的にとらえること。
 
(2) 鑑賞教材は,次に示すものを取り扱う。
(2) 鑑賞教材は,我が国及び世界の古典から現代までの作品,郷土の伝統音楽及び世界の諸民族の音楽を取り扱う。
ア 我が国及び諸外国の古典から現代までの作品,郷土の音楽及び諸外国の民族音楽とすること。

イ 鑑賞教材として,次の共通教材を含めること。

〔第2学年〕 
「アイーダ」から 第2幕 第2場  ベルディ 作曲 
交響曲 第5番 ハ短調 作品67  ベートーベン 作曲 
箏曲「六段の調」   八橋検校 作曲 
※尺八曲「鹿の遠音」   作曲者 不詳 
※小フーガ ト短調    バッハ 作曲 
※「ノベンバー ステップス」第1番  武満徹 作曲 

〔第3学年〕 
「アランフェス協奏曲」  ロドリーゴ 作曲 
長唄「勧進帳」   四世 杵屋六三郎 作曲 
 (「旅の衣は…海津の浦に着きにけり」の部分) 
「水の戯れ」    ラベル 作曲

第3 指導計画の作成と内容の取扱い

 新
1 指導計画の作成に当たっては,次の事項に配慮するものとする。
1 指導計画の作成に当たっては,次の事項に配慮するものとする。
(1) 第2の各学年の内容のAとB並びに内容のAにおける歌唱,器楽及び創作の指導の調和がとれるようにすること。
(1) 第2の各学年の内容の「A表現」及び「B鑑賞」の指導並びに「A表現」の歌唱,器楽及び創作の指導については,それぞれ特定の活動のみに偏らないようにするとともに相互の関連を図るようにすること。
(2) 第2の各学年の内容のAとB並びに内容のAにおける歌唱,器楽及び創作の指導の相互の関連を図るようにすること。
(2) 第2の第2学年及び第3学年の内容については,生徒がより個性を生かした音楽活動を展開できるようにするため,興味・関心をもつ学習活動を選択できるようにするなど,学校や生徒の実態に応じ,効果的な指導ができるよう工夫すること。
(3) 第2の第2学年及び第3学年の内容については,第2学年においては音楽の仕組みを理解させることに,第3学年においては総合的に音楽をとらえさせることにそれぞれ重点を置いて扱うなど,学校や生徒の実態に応じ,効果的な指導ができるよう工夫すること。

(4) 第2学年において下限の時数を超えて授業時数を定める場合には,第2の内容について補充や深化を図るため,学校や生徒の実態に応じ,適切な指導を行うようにすること。
 
2 第2の各学年の内容の指導については,次の事項に配慮するものとする。
2 第2の内容の指導については,次の事項に配慮するものとする。
(1) 変声期について気付かせるとともに,変声期の生徒に対しては,心理的な面についても配慮し,適切な声域と声量によって歌わせるようにすること。
(1) 変声期について気付かせるとともに,変声期の生徒に対しては,心理的な面についても配慮し,適切な声域と声量によって歌わせるようにすること。
(2) 歌唱の指導における階名唱については,移動ド唱法を原則とすること。
(2) 歌唱指導における階名唱については,移動ド唱法を原則とすること。
(3) 視唱の指導については,小学校における学習の経験の上に立ち,3年間を通じて,2♯,2♭程度までの楽譜の視唱に慣れさせるようにすること。
(3) 読譜指導については,小学校における学習の経験の上に立ち,♯や♭の意味を理解させるとともに,3学年間を通じて,1♯,1♭程度をもった調号の楽譜の視唱や視奏に慣れさせるようにすること。 
 (4) 器楽の指導については,高音,中音及び低音の声部の均衡のとれた楽器編成を工夫して行うこと。なお,指導上の必要に応じて,弦楽器,管楽器,打楽器,鍵盤楽器,電子楽器,和楽器及び民族楽器を適宜用いること。(4) 器楽指導については,指導上の必要に応じて弦楽器,管楽器,打楽器,鍵盤楽器,電子楽器及び世界の諸民族の楽器を適宜用いること。また,和楽器については,3学年間を通じて1種類以上の楽器を用いること。 
 (5) 創作の指導については,創造的な活動を重視し,理論に偏らないようにするとともに,創作を記録する方法を工夫させたり,記譜を試みさせたりすること。(5) 創作指導については,理論に偏らないようにするとともに,必要に応じて作品を記録する方法なども工夫させること。 
(6) 表現の指導については,リズム伴奏,リズムカノンなどのほか,身体的表現の発展としての指揮の活動も取り上げること。(6) 第2学年及び第3学年の「A表現」の指導に当たっては,生徒の実態等を考慮して,生徒が表現方法や表現形態を選択できるよう,小アンサンブルなどの編成を工夫すること。 
(7) 表現教材には,郷土の民謡を取り上げるようにすること。 (7) 各学年の「A表現」の指導に当たっては,指揮などの身体的表現活動も取り上げること。 
 (8) 鑑賞教材のうち諸外国の民族音楽については,第1学年においては主としてアジア地域の民族音楽のうちから適切なものを選んで取り上げることとし,第2学年及び第3学年においては広く世界の民族音楽を取り上げるようにすること。(8) 各学年の「A表現」及び「B鑑賞」の指導に当たっては,楽曲の背景にある文化・歴史や他の芸術とのかかわりなどについて,必要な範囲で触れるにとどめること。 
 (9) 音楽の記号,用語及び諸要素などについては,表現及び鑑賞の活動を通して理解させるものとし,それぞれの指導のねらいに即し,重点的に取り扱うこと。(9) 音楽の諸要素とそれらの働きを表す記号や用語などについては,表現活動及び鑑賞活動を通して理解させるものとし,それぞれの指導のねらいに即し,重点的に取り扱うこと。 
 (10) 鑑賞教材のうち世界の諸民族の音楽については,第1学年においては主としてアジア地域の諸民族の音楽のうちから適切なものを選んで取り上げるようにすること。 
 (11) 各学年の「A表現」及び「B鑑賞」の指導に当たっては,適宜,自然音や環境音などについても取り扱うとともに,コンピュータや教育機器の活用も工夫すること。
3 共通教材については,次のとおり取り扱うものとする。

(1) 歌唱共通教材のうち,
第1学年の「さくらさくら」
第2学年の「荒城の月」及び
第3学年の「花」については,平易で親しみやすい合唱の形態で指導すること。
(2) 第2学年における共通教材については,次の区分により取り扱うものとする。
ア 下限の授業時数の場合には,歌唱共通教材は学校の実態を考慮して3曲のうち2曲を,鑑賞共通教材は前半の3曲をそれぞれ取り上げること。 
イ 下限の授業時数を超える場合には,学校の実態を考慮して,歌唱共通教材は3曲のうち2~3曲を,鑑賞共通教材は前半の3曲に加えて後半の※印を付した3曲のうち1~2曲をそれぞれ取り上げること。
3 選択教科としての「音楽」においては,生徒の特性等に応じ多様な学習活動が展開できるよう,第2の内容その他の内容で各学校が定めるものについて,課題学習,創造的な表現活動の学習,郷土の伝統芸能など地域の特質を生かした学習,表現の能力を補充的に高める学習,芸術表現を追求する発展的な学習などの学習活動を各学校において適切に工夫して取り扱うものとする。
4 第2学年及び第3学年における選択教科としての「音楽」においては,生徒の特性等に応じ多様な学習活動が展開できるよう,第2の内容について,表現及び鑑賞の能力を高める学習,総合的な学習,課題学習,創造的な表現活動などの学習活動を各学校において適切に工夫して取り扱うものとする。


JASRAC許諾 M1303283012

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番14号 Phone:03-3957-1175 / Fax:03-3957-1174
Copyright 株式会社教育芸術社 All Rights Reserved.