本文へスキップします。

【全】SP用買い物かご

教育芸術社のサイト内を検索 検索

【全】SP用ヘッダリンク

【参:カテゴリタイトル】資料室

資料室 音楽しらべ隊 資料室 音楽しらべ隊

コンテンツ

ヨハン ゼバスティアン バッハ

 ヨハン ゼバスティアン バッハ(1685〜1750)は,ドイツアイゼナハというところで生まれました。バッハの家系〔かけい〕は,ドイツのチューリンゲン地方を中心に,16世紀から18世紀にかけて,数多くの音楽家を生み出しています。
 バッハは,9歳〔さい〕のときに母を,そして翌年〔よくねん〕に音楽家であった父を亡〔な〕くしました。その後,兄に引き取られたバッハは,教会オルガニストであるこの兄から音楽の手ほどきを受けました。15歳のときに,ドイツのリューネブルクにあった教会の附属〔ふぞく〕高等学校に入学し,教育を受けながら聖歌隊〔せいかたい〕や合奏団〔がっそうだん〕の一員として活動しました。卒業後は楽団でバイオリンをひいたりしていましたが,後に教会オルガニストの仕事につきます。仕事の関係で各地を転々としながら,オルガン曲宗教〔しゅうきょう〕音楽協奏曲など,多くのすぐれた作品をつくりました。 よく知られた作品には,「トッカータとフーガ ニ短調」や「ブランデンブルク協奏曲」などがあります。
 バッハはドイツ語で「小川」という意味です。しかし,ベートーヴェンは,「(ヨハン ゼバスティアン バッハは),バッハ(小川)ではなく,メーア(大海)である」と,バッハをたいへん高く評価〔ひょうか〕しました。また実際〔じっさい〕に,バッハの音楽は,後の数多くの作曲家たちに大きなえいきょうをあたえたのです。

【全】住所・電話番号

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番15号 
Phone:03-3957-1175 /
Fax:03-3957-1174

【全】PCスマホ切替