本文へスキップします。

【全】SP用買い物かご

教育芸術社のサイト内を検索 検索

【全】SP用ヘッダリンク

【参:カテゴリタイトル】リンク集

リンク集

H1

邦楽・伝統芸能

コンテンツ

リンク集全般・総合演奏団体雅楽歌舞伎能・狂言人形浄瑠璃長唄
日舞尺八三味線太鼓声明琵琶大正琴詩吟
謡い・民謡など
沖縄民謡アイヌ音楽学生団体楽器店など
リンク集
邦楽 URL Book 分かり易い分類と丁寧なコメントでとても使いやすいリンク集。リンク切れも少ない。

全般・総合
居酒屋庄野屋 東北文化を扱っているホームページ。トップ・ページ下方の「資料室」から「伝統民族文化の・・・」を選ぶと,東北の祭りや儀式のページになる。黒川能をはじめとする5つの伝統文化の詳細なレポートが掲載されている。
江戸東京博物館 1993年開館の江戸東京博物館のホームページ。江戸東京の都市と文化についての豊富な展示がある。
おのPほーむぺーじ 自ら作曲もなさる,おのPさんのホームページ。「現代邦楽やっほー」は,現代邦楽の編成別データベース。
芸団協ホームページ 社団法人日本芸能実演家団体協議会のホームページ。データベースが充実しており,「舞台芸術ガイドデータベース」ではジャンルや対象年齢に応じた鑑賞演目の案内をしてくれる。
サーチ芸人 舞台総合検索エンジン「サーチ芸人」のホームページ。芝居,ミュージカルから伝統芸能まで,舞台関連専門の本格的サーチエンジン。
芝居小屋の現在 現存する伝統的形態の木造劇場「芝居小屋」について収集したデータを紹介しているホームページ。30近い芝居小屋の情報が,写真や構造図などを駆使して詳細に紹介されている。非常に分かり易いページ構成になっている。
平野健次邦楽文庫 邦楽研究家・平野健次が監修・解説をした,邦楽レコード,CD,ビデオなど,日本古典音楽の音源資料を紹介している。古文献も掲載。
邦楽アーティスト紹介 Zipanguの「邦楽アーティスト紹介」のページ。名前の50音順か楽器別で検索ができ,写真入りでプロフィール等が見られる。
邦楽ジャーナル 邦楽全般を広範に扱う専門誌『邦楽ジャーナル』のホームページ。購読案内や注文受付がある。記事の一部が紹介されている「バックナンバー」も充実している。
邦楽らんど 「流派を問わず幅広い邦楽情報を集めて,邦楽のデパートを目指してい」るホームページ。演奏会案内や教室紹介から演奏ファイル集(RealAudio)まで,様々な情報を提供している。
みそたねくん 大阪府茨木市から発信されているホームページ。シンプルなトップページから内容豊かな様々なページを開くことができる。邦楽のページも充実の内容が圧巻。分かりやすさを配慮したきめ細かな分類には脱帽である。
ポーラ伝統文化振興財団 ポーラ化粧品が文化活動の一環として展開している「ポーラ伝統文化振興財団」のホームページ。フィルムやビデオの貸し出しも行っている。
桜村 尺八,箏,三絃を扱っているホームページ。「律山房」内にある「尺八をぜ〜んぜん知らないあなたに」には,初心者向けの丁寧な解説が載せられている。尺八を中心としたMIDIデータも公開中。

演奏団体

アストロラマ

このホームページから,2つの邦楽アンサンブルのページを開くことができる。「邦楽アンサンブル彩」は,尺八1,箏3,「琴&尺八 MITS」は尺八1,箏2から構成されている。「演奏の出前」もあり,演目には『だんご三兄弟』や『トトロ』まで(!)含まれている。

オーケストラアジア

中国,韓国,日本の伝統楽器群によるアンサンブルのホームページ。構成楽器の楽器説明やコンサートについての案内が掲載されている。

グループ翔

民謡を主たる対象としている群馬県の邦楽集団のホームページ。メンバー紹介などのほか,サウンド・データもある。

日本音楽集団

邦楽器による合奏団「日本音楽集団」のホームページ。流派を越えた演奏家と作曲家によって1964年に結成された。定期演奏会のほか,一般公演,学校公演なども依頼に応じて開催している。CDや楽譜などについての情報も掲載。

邦楽アンサンブル21世紀

尺八と箏によるアンサンブルをしている,「邦楽アンサンブル21世紀」のホームページ。

邦楽合奏団 織座

現代曲の合奏団「織座」のホームページ。年1回の定期演奏会を目標に活動している。発足時から「開かれた合奏団を作ろう」を合い言葉とし,現在も「ほとんどはふつーのアマチュアで構成」されているという。団員を募集しているので,興味がある人は覗いてみよう。

邦楽普及団体えん

非営利目的の邦楽普及団体「えん」のホームページ。お箏,地歌三味線講座の開講やCDの企画・制作などを行っている。

六三四

7人編成のグループ「六三四(むさし)」のホームページ。和太鼓,三味線,尺八に,ギター,ベース,ドラムス,シンセサイザーを融合させ,「新しい日本の音」を目指している。

雅楽
大阪楽所 宮中に伝わる正統派雅楽を習得し,雅楽の芸術性を追求して,その成果を公開することを目的としている愛好家団体のホームページ。雅楽に関する詳細な解説と豊富な画像資料が巧みに整理されている。
雅楽道友会 雅楽道友会のホームページ。活動の範囲は,雅楽の演奏,雅楽器や舞の指導,雅楽器(管楽器)の制作にまで及び,雅楽の普及と技術の向上に努めている。雅楽器を習いたい人,稽古を見学してみたい人は必見のページ。
宮内庁ホームページ 雅楽の総本山ともいうべき宮内庁のホームページ。宮内庁式部職楽部の楽士たちが奏する雅楽は,昭和30年に国の重要無形文化財に指定されている。雅楽のページは「皇室に伝わる文化」というコーナーにある。毎秋に行われる皇居内楽部での演奏会の詳細,申込要領も見られる。
金光教典楽ホームページ 金光教の祭典に使用される音楽を紹介しているホームページ。厳密には「雅楽」ではないが,日本の伝統楽器を用いた音楽になっている。2種類に分類され,「吉備楽」は雅楽をベースにした岡山発祥の邦楽,「中正楽」は金光教独自の祭典楽と説明されている。
寺子屋NET 浄土真宗本願寺派蓮浄寺のホームページ。「勤式関係資料[僧侶向け]」では,断り書きの通り,法要での実践的な音楽について説明されているが,素人にも興味を持って読める内容になっている。雅楽曲一覧は,解説なども非常に充実している。
天王寺楽所雅亮会 四天王寺舞楽(重要無形民俗文化財)の伝承団体「天王寺楽所雅亮会」のホームページ。国内外にわたる活動を写真入りで紹介しているほか,後継者の育成を目的とする雅楽練習所のページもある。全くの初心者も多いようなので,伝統の継承に興味のある人は是非のぞいてみよう。
東儀秀樹ホームページ 東儀秀樹さんの公式ホームページ。本人の文章やコメントが豊富な一方で,コンサート情報やファンクラブの案内なども充実。雅楽等に関する解説もあり,ファンならずとも一度は訪ねておきたいサイトである。
東京シネマ新社 東京シネマ新社のホームページ。雅楽DVDの紹介画像から入ることができる「下中記念財団 DVD雅楽シリーズ」のページでは,『重要無形文化財 雅楽 宮内庁式部職楽部』というDVDシリーズが紹介されている。演目ごとに写真入りの解説もあり,このページだけでもかなり内容が濃い。
日本雅楽會 雅楽の普及と発展を目的として1962年に発足した団体のホームページ。演奏会や海外公演などのほか,本格的な教室も開催している。雅楽を学んでみたい人は必見のサイト。
伶楽舎 雅楽の合奏研究を目的に1985年に発足した「伶楽舎」のホームページ。雅楽古典曲や雅楽器を使った現代作品の演奏のみならず,廃絶曲の復曲,正倉院の復元古代楽器による合奏など,幅広い活動を展開している。小中高校生を対象とした教育プログラム(ワークショップ,レクチャーコンサート,DVDなど)に関する情報もチェックできる。
朗詠ホームページ 朗詠の専門家であり,東京成徳大学で教鞭を執られていらっしゃる青柳隆志先生によるホームページ。朗詠の歴史のほか,現存する15の朗詠曲の各々が解説されている。
和雅音 福岡の雅楽団体「和雅音(わげおん)」のホームページ。天王寺楽所雅亮会の流れを継承し,活動を展開している。

歌舞伎
市川笑三郎 市川笑三郎後援会による公式ホームページ。その月の舞台の話題を中心に,本人が近況を語る「笑三郎だより」などがある。
江戸ぐるめ 歌舞伎を中心に扱っているホームページ。歌舞伎ファンの視点が生き生きと感じられて,親しみやすい。「以前の江戸ぐるめ」より入ることのできる,歌舞伎鑑賞記「評判記」は,落語風の対話スタイルで書かれていてユニーク。書籍紹介コーナー「面白本」は,短い読後エッセー付きで,参考になる。
江戸時代の「音曲」 歌舞伎を中心に江戸時代後期の演劇を研究していらっしゃる鹿倉秀典さんのホームページ。江戸時代の音曲テキストの画像によるデータベース化を試みられているそうで,このサイトでも解説を交えた画像が公開されている。
演劇出版社 唯一の歌舞伎月刊誌『演劇界』を出版している演劇出版社のホームページ。最新号やバックナンバーの表紙と概要が見られる。演劇関連の放送予定をまとめた「テレビ・ラジオ放送ガイド」などもある。
歌舞伎・演劇案内 松竹の歌舞伎・演劇の案内ページ。歌舞伎座,新橋演舞場,大阪松竹座,京都四條南座,その他の劇場,巡業,という6大項目で構成されている。同じく松竹が運営している歌舞伎公式ウェブサイト『歌舞伎美人(かぶきびと)』では,歌舞伎公演の詳細のほか,写真入りの「歴史」や劇場内の案内なども盛り込まれている。
古典芸能を楽しもう NHKのサイトにあるページ。「古典芸能番組一覧」をはじめ,テレビ,ラジオの様々な番組案内が見られる。
翔「猿之助ファンの広場」 1983年来,市川猿之助ファンが作り続けているファン誌『翔』のホームページ。残念ながら『翔』本体は公開されていないが,概要が紹介されている。勿論,猿之助情報も満載。
中村獅童 on line 萬屋一門期待の若手,中村獅童(なかむら しどう)さんの公式ホームページ。「つぶやき獅童」というコーナーがあり,本人による近況等が綴られている。ファン・クラブの情報もココで見ることができる。
中村芝雀ホームページ 中村芝雀(しばじゃく)さん公式サイト。「舞台予定」などのほかに,芝雀さんによるおいしいもの・おいしい店を紹介する「芝雀のお気に入り」というコーナーがある。
板東玉三郎公式サイト 本人の言葉を沢山読むことができる,魅力満載の公式ホームページ。何といっても「私の考え」のコーナーが必見・必読!!
又蔵セミナー 歌舞伎役者,中村又蔵さんのホームページ。シンプルながら内容豊かで,「伝統芸のための英語講座」,「歌舞伎知り所」など,読み応えのあるコーナーが目白押し。
早稲田大学演劇博物館 坪内博士記念演劇博物館のホームページ。「歌舞伎浮世絵画廊」では,厳選された約60作品が公開されている。非常に鮮明な画像が,絵師別,役者別でも検索できる。
KABUKI for EVERYONE 歌舞伎役者,市村萬次郎さんのホームページ。日本人だけでなく外国人も視野に入れたページで,英語のみで書かれているページも多い。萬次郎さんが女形に変身するムービー(Quick Time)つき。
Nao Channel 歌舞伎ファンのNaokoさんのホームページ。歌舞伎のページには「基礎知識」コーナーが3つもあり,初心者にも優しく手ほどきしてくれる。幼少より歌舞伎に親しんでおられるようなので,BBSで質問してみるのも良いのでは?

能・狂言
粟谷能の会 粟谷能の会のホームページ。粟谷家は能の喜多流シテ方の家柄。公演予定のほかに,機関誌『阿吽』や座談会の記録など,興味深い読み物も多い。お稽古の案内もある。
梅若基徳公式サイト シテ方観世流能楽師,梅若基徳(うめわかもとのり)さんのホームページ。公演時の写真が豊富。生徒の募集もしている。
片山家能楽保存財団 観世流能楽と井上流京舞とを,保存・普及・育成する財団のホームページ。片山家は能楽シテ方観世流の名家。公演の予定と記録が主体となっているが,出版物の紹介などもある。
河村能舞台 京都は花の御所跡地に建てられている河村能舞台のホームページ。「能楽おもしろ講座」など,学校の文化行事としての能の鑑賞を積極的に勧めている模様。定期公演の案内などもある。
金剛能楽堂 京都にある金剛能楽堂のホームページ。公演予定などのほか,金剛流宗家 金剛永謹による分かりやすい能の入門編「能への誘い」などがある。
財団法人 鎌倉能舞台 鎌倉の能舞台で能の定期公演をしている「鎌倉能舞台」のホームページ。その活動は極めて活発で,観客動員や経営的成功は,国立能楽堂建設を推進させたという。活動内容や年間スケジュールが見られるほか,さらに詳細な情報もある。
座・SQUARE 金春流の若手能楽師4人が運営しているホームページ。プロフィール,公演のお知らせなどがある。
茂山千五郎家ホームページ 代表的な狂言方の家柄の一つ,京都の茂山家のホームページ。豆腐のようにいつの世にも誰からも広く愛される「お豆腐狂言」が目標だとか。人物紹介コーナー「役者のご紹介」は,各人各様に微妙なひねりがあって面白い。公演や鑑賞教室,稽古の案内などがある。
素人が見た能の鑑賞記 機械メーカー勤務の中山さんによる観能記のホームページ。演目名からあらすじとコメントのページへ,公演日程から公演の詳細ページへ行かれる。
なのり座 名古屋の若手狂言師3人が結成した「なのり座」のホームページ。メンバーのプロフィールと公演予定からなる。
なんじゃもんじゃ・能を楽しむ 公演情報などを中心とした能のホームページ。観能記や書籍紹介のほかに,「気になる謡曲の植物」というユニークなコーナーもある。公演情報には,オリジナルのものと各能楽堂の予定が分かるリンク集の2種類があり,なかなか便利。
宝生会の紹介ページ。能に興味を持ってもらうことを目的としているホームページで,上演予定演目や東京水道橋の能楽堂の案内などが掲載されている。
能・狂言ホームページ 「日本文化に親しみ,それを継承するための啓蒙活動」の一環として,SECTOR88が観世会等の協力を得て運営しているホームページ。地域別の公演情報や情報誌の内容の紹介などがある。「基礎編」は,能・狂言の解説として充実している。
能面 能面の制作・販売を行っているイノウエコーポレーションのホームページ。25を越える能面の写真を拡大して見ることができる。写真で綴られた般若面の製作工程も興味深い。
野上記念 法政大学能楽研究所 法政大学のホームページの能楽研究所のページ。利用案内のほか,研究所の活動や蔵書に関する紹介がある。
の狂言 和泉流の野村又三郎門下である野口隆行さんのホームページ。公演予定の紹介では,おすすめのモノをピック・アップするという形を取っている。書籍案内も簡潔なコメント付きで充実している。
万作の会 狂言方和泉流の野村父子のホームページ。鮮明な写真や絵が豊富で,公演の様子や能面,能の装束などが見られて興味深い。その他,一門の人々の紹介,万作の会の案内,公演予定など。
ぶたぴぃ るるるん 「狂言るるるん」というコーナーがあるぶたぴぃさんのホームページ。狂言の演目を一覧表の形にまとめた「演目星取表」,観能記「見所にて」のほか,狂言を習ってみたい人向けの親切な案内ページもある。
横浜能楽堂 横浜市のサイトの中の横浜能楽堂のページ。行事予定表や案内図のほか,季刊の小冊子『橋がかり』の内容が見られる。能舞台の写真入りの解説もある。
AGEOMURA HOME PAGE 趣味で宝生流の謡と一曽流の笛をなさっている金尾さんのホームページ。書籍や曲目の紹介のほか,能管の演奏を聴くこともできる(Real Audio)。「上尾村遠日記」の話題は、能管関連や、観能記。

人形浄瑠璃
音曲の司 人形浄瑠璃を対象とした批評のホームページ。国立文楽劇場の公演に対する評を中心に,辛口のコメントが満載。「情報資料室」には,書籍や音源を筆頭に,様々な種類の資料が網羅的に紹介されている。
鶴沢八介メモリアル「文楽」ホームページ 義太夫節三味線方,鶴沢八介さんのホームページ。公演の予定に加え,大阪文楽劇場や東京国立劇場小劇場の座席表もある。項目別にコンパクトにまとめられた「文楽の歴史」や「文楽の三味線の解説」のほかにも,充実したコーナーが揃っている。
人形浄瑠璃 文楽 「文楽の解説」では,道具,演者,舞台を豊富な写真で徹底解説。演目の紹介も写真入りで解説してあり,とてもわかりやすい。
文楽 竹本文字久大夫の気ままな絵日記 竹本文字久大夫さんの公式サイト。「大夫とは何か」ということについても分かり易く説明されている。「お薦めスポット」は,文楽劇場周辺の飲食店ガイド。「フォトギャラリー」も充実している。

長唄
杵屋会ホームページ 長唄杵家会(きねいえかい)のホームページ。杵家会は長唄杵家派で学ぶ門弟の組織で,三味線文化譜を用いた三味線音楽の普及発展に務めている。「教室入門案内」で,詳しい入門ガイドが見られる。「What's 三味線」では,写真入りで三味線を分かり易く解剖。
長唄協会 社団法人長唄協会のホームページ。演奏会情報などのページもある。
Mochizuki Takinojo's HP 邦楽打楽器奏者,日本音楽集団団員の望月太喜之丞さんのホームページ。東京と広島で定期的に稽古場を開いていらっしゃるので,興味のある方は要チェック。

日舞
【扇崎流】公式サイト 地唄舞,日本舞踊の二世家元扇崎秀薗の公式ホームページ。流儀について,日本舞踊について,地唄舞についてなどが,美しいページで見られます。入会案内もあり。

尺八
国際尺八研修館 国境や流派を越えた尺八研修の場,国際尺八研修館のホームページ。館長や常任講師の紹介,講習会やイベントの情報などがある。出張講習や出張演奏会の案内もあるので,鑑賞教室等を計画中の方は必見。
虚無僧研究会 新宿区の法身寺に本部を置く虚無僧研究会のホームページ。普化宗の廃止(明治4年)によって姿を消した虚無僧や虚無僧寺を研究し,普化尺八の原点の保存に努めている。講演会,献奏会,機関誌および会報の発行,書籍販売などに関する案内がある。
尺八家 石川利光 大阪を拠点に活動する尺八家,石川利光さんのホームページ。演奏会情報や教室・講習会の案内,尺八家3人によるユニット「風童」の紹介などがある。「随筆『石と竹』」には,尺八への熱い思いが込められている。
尺八古典本曲のページ 尺八古典本曲に関する情報提供に徹しているホームページ。CDリスト,演奏会案内,リンク集,曲目一覧など。
尺八修理工房幻海 尺八の修理や販売を行う尺八工房 幻海さんのホームページ。尺八の楽曲分析やさまざまな独自考察も行われている。
尺八吹奏研究会 邦楽の出前演奏,邦楽器のリサイクルなどを行っている「Bamboo Network」製作のホームページ。入会の案内があり,会報を読むこともできる。
しゃくはち風庵(Fan) 尺八奏者,菅原久仁義さんのホームページ。丁寧で分かり易い「尺八の選び方」や,オリジナルに開発なさった合成樹脂管による簡易尺八「なる八くん」の紹介・販売のコーナーなどがある。
十哲 尺八だけによる合奏曲の演奏活動をしている「尺八アンサンブル十哲」のホームページ。どんな曲を演奏しているのかは「History」で見ることができる。グループ名は「孔子の優れた10人の門下生」の意味なのだそうだ。
ジョン・海山・ネプチューン 尺八の世界 外国人による尺八関連のサイトは数多いが,日本語ヴァージョンがある稀な例がこれ。カリフォルニア出身の尺八奏者で,ジャズ・アーティストならびに作曲家として活躍なさっている。自ら制作した竹製の楽器によるユニット「竹竹(たけだけ)」の紹介もある。
心音一如 舞踏,モダンダンス,舞,詩の朗読などとのコラボレーションに精力的に取り組んでおられる尺八奏者,福本卓道さんのホームページ。ライブやCDの案内のほか,Real AudioやMIDIによるデータなどがある。
鶴さんの尺八教室 1970年から尺八を習っていらっしゃるベテラン,鶴田賢一さんのホームページ。「尺八の種類」「持ち方」「音の出し方」など,初心・初級レヴェルの人には嬉しいガイドが盛り沢山。
坂東太郎の尺八のHP 尺八の制作も手掛けられている坂東太郎さんのホームページ。坂東太郎が利根川の別称であることは,自己紹介ページで説明されている。豊富な写真を駆使した「尺八の作り方」が興味深い。その他,古伝尺八の解説,エッセイ「尺八雑感」など。
水野香盟尺八 工学院大学工学部教授,水野明哲先生による尺八のホームページ。「尺八エッセー集」には箏の調絃などに関連した「平均律と純正律」というコーナーもある。

三味線
地唄箏曲美緒野会 地歌の音源を試聴できます。「お箏の調弦法」「三味線の調弦法」には実音が入っているのでお勧め。気軽な邦楽の体験教室や学生向けのサークル,キッズクラスなどもある。
津軽三味線 岡田修の世界 津軽三味線演奏家,岡田修さんのホームページ。津軽三味線の歴史や特徴,岡田さんのプロフィールやライブ・スケジュールなどがある。計3分以上のサウンド・データもある。
津軽三味線 初代高橋竹山最後の弟子 高橋竹大 初代高橋竹山さんの最後の弟子,高橋竹大さんのホームページ。
三味・三昧 豊茂流三味線の豊茂 隆さんのホームページ。三味線を扱っている「邦楽豆辞典」もある。

かねこ琴三絃楽器店 会津桐を使った箏の製造・販売をしている東京都大田区のかねこ琴三絃楽器店のホームページ。お琴の製作工程を写真入りで細かく説明しているページがある。
栗林秀明ホームページ 箏演奏家で作曲家の栗林秀明さんのホームページ。「箏 十七絃」と書かれている項目をはじめ「作品リスト」にも音源があり,音の豊富なページになっている。「4?本のローソク」は箇条書きの人生録だが,かなりユーモラスにまとまっている。
箏愛会 箏教室の「箏愛会」のホームページ。「普段着で!」というスタンスなので,とても親しみやすそう。コースやイベントの案内が見られる。
箏曲部 仕事,家庭,子育てに奔走している女性たちを中心に,お箏好きが集まってできた「箏曲部」のホームページ。楽器や音階,楽譜を図像入りで分かり易く説明しているページもある。Web部員になって交流の輪を広げるのも良いのでは。
宮城道雄の世界 箏曲宮城会のホームページ。シンプルな表紙から開かれる6つのコーナーは,各々が独立に分かり易く整理されていて,有益な情報が多く得られる。作品年表,伝記年表,小伝などの他,サウンド・データも豊富にある。
柳井美加奈ホームページ 箏演奏家,作曲家,野分の会主宰の柳井美加奈さんのホームページ。プロフィール,公演情報,CD紹介などがある。「デジタル絵日記」は,お弟子さんたちが写真付きでコメントを寄せたもの。
吉村七重 二十絃箏 箏演奏家,吉村七重さんのホームページ。早くから二十絃箏も積極的に取り上げておられる。プロフィール,コンサート情報のほか,お稽古の案内などもある。

Kuniのホームページ 太鼓関係の必見サイト「Kuniのホームページ」には,「横笛指南」というコーナーがある。基礎的な事柄が簡潔にまとめられているほか,サウンド・データもある。

太鼓
宇土大太鼓 熊本県宇土市に残された26基の巨大な雨乞い太鼓に関するホームページ。保存活動の活発化に伴い設立された「大太鼓収蔵館」や「大太鼓保存会」,新たな芸能の創作を目指す保存会の青年部「鼓響」などの紹介ページがある。
鬼太鼓座 「走ることと音楽とは一体」をモットーに活動している「鬼太鼓座(おんでこざ)」のホームページ。アメリカ・デビューの際は,ボストン・マラソン完走後にステージに駆け上がったという。メンバー,CDの紹介がある。
歌舞劇団 田楽座 長野県伊那市に本拠地を構え,創立48年。日本のお祭り芸能(大鼓や獅子舞,踊り,民謡,津軽三味線,南京玉すだれ,万歳など)を全国各地の地域公演はもちろん,学校・幼保育園公演も多数行なっているプロの団体のホームページ。
鼓童 佐渡の本拠を置き,内外で活発に活動している和太鼓集団「鼓童」のホームページ。海外での極めて高い評価は,「新聞評」のコーナーで紹介されている。舞台公演のほか,楽器の販売,社会教育や地域還元に重点を置いた非営利活動など,多彩な活動が紹介されている。
御番所太鼓の会 主に佐渡島内で活動している和太鼓集団のホームページ。団体の紹介,活動実績とその写真,地元赤泊村の民話を題材にした創作楽曲の紹介などがある。
鯱龍太鼓 名古屋の和太鼓団体「鯱龍(こりゅう)」のホームページ。1984年に完成した世界最大級の大太鼓「ん太鼓」の企画運営プロジェクト・チームが発展して設立された。ユニークな経歴は,プロフィールのほか「和太鼓の響き」でも見ることができる。
太鼓集団 天邪鬼 東京を拠点に活動するプロの和太鼓集団「天の邪鬼(あまのじゃく)」のホームページ。様々な洋・邦楽器で構成された「天邪鬼パフォ−マンス」というバンド活動も行っている。団体紹介や経歴などの他,公演や講習会の案内などがある。
高倉郷土芸能保存会 埼玉県入間市の高倉郷土芸能保存会のホームページ。市の無形民俗文化財に指定されている高倉祇園太鼓の情報が載っている。氷川神社の夏祭に村周りの屋台に付けて引き回されたという太鼓は江戸時代に由来。太鼓に記された度重なる張替の記録を写真で見ることができる。
日本太鼓連盟 日本太鼓の伝統・伝承を普及・振興している「日本太鼓連盟」のホームページ。事業内容や組織の概要などが紹介されている。団体でも個人でも入会できるとのこと。
武神太鼓 東京八王子市を拠点に活動する和太鼓団体「武神太鼓」のホームページ。写真では,演奏の際に面をつけるなどの扮装をしているように見受けられる。Real Audio形式による1分間の演奏紹介のほか,海外公演を実現させた14会場の写真が見られる。
奈良を拠点に海外にまで広く活動を展開する和太鼓集団「倭(やまと)」のホームページ。プロフィール,スケジュールなど。
やんさ太鼓保存会 茨城県ひたちなか市の「やんさ太鼓保存会」という和太鼓集団のホームページ。名称の由来は「プロフィール」で。楽曲やメンバーの紹介のほか,ワークショップの案内もある。「イベント情報」では,便利な「全国太鼓カレンダー」もある。
OSAKA 打打打団 天鼓 大阪気質を全面に打ち出し,演出,美術,衣装にもこだわる大阪の和太鼓団体「打打打団 天鼓」のホームページ。作品紹介では,その多彩なラインアップが紹介されている。学校公演案内のための個別のページのほか,新人募集,後援会案内などがある。

声明
安楽寿院 京都市にある安楽寿院(真言宗智山派)のホームページ。「真言宗智山派の声明」は,「East Valley」の声明のページでも紹介されている。
East Valley 茨城県取手市にある明香山観音院東谷寺(真言宗豊山派)のホームページ。「聲明」は,真言宗豊山派のものを中心とした声明の専門ページ。智山派のものも含めてReal Playerによる豊富な音資料がある。イベント情報や声明のCD案内つき。

大正琴
琴修会 生涯学習を想定し,琴の普及に尽力している音楽教育団体「琴修会」のホームページ。社団法人大正琴協会の案内ページも兼ねている。伴奏DATAを含む教材等の出版物紹介や,イベントの案内などがある。

詩吟
北倭ファミリー 奈良県生駒市北大和の御家族のホームページ。メインはページ作者である御主人の趣味,詩吟。「基礎講座」では,音階などの説明のほか,奈良・関西を中心とした詩吟の催しの案内がある。関西吟詩文化協会の教本の索引がデータベース化されている。
吟剣詩舞 吟詠・剣舞・詩舞の総合機関誌,月刊「吟剣詩舞」のホームページ。最新号及びバックナンバーの表紙と目次,テレビ・ラジオでの関連番組の放送予定,行事やコンクールの案内などが公開されている。問い合わせや購読申込の連絡先も記載されている。
日本吟剣詩舞振興会 日本財団のサイトにある財団法人日本吟剣詩舞振興会のページ。日本の伝統芸道である吟詠,剣舞,詩舞の振興を目的としている。事業内容などを見ることができる。

謡い・民謡など
愛三味線 日本浪曲協会会長,三代目玉川宗家が起案の浪曲専門ホームページ。浪曲師・曲師のデータベースや素人の浪曲研究会の案内など,種々のコーナーを取り揃えている。公演,新聞・出版等への掲載,テレビ・ラジオへの出演などの情報は「新聞・TV・ラジオ速報」で。
うなるカリスマ!国本武春 浪曲の国本武春さんの公式ホームページ。プロフィールやディスコグラフィーなど。すべて語尾が「ござる」で統一されているでござる。

沖縄民謡
三味線を弾こう 八重山民謡の習得と沖縄民謡の早弾きを目標としているホームページ。楽器の入手方法から奏法,早弾きの指南まで幅広い内容をカヴァーしている。テクスト中心で量は多いが,初心者にも分かりやすく書かれている。
大工哲弘 ホームページ 八重山民謡の第一人者で沖縄県無形文化財所持者の大工哲弘さんのホームページ。アルバムやライブの案内,各地から寄せられたライブ・レポートの紹介がある。ページは御本人の管理ではないが,ファンレターの転送もしてくれる。
東京発沖縄情報のんかあタイムズ ジャンルを問わず沖縄音楽関係を集中的に扱っているホームページ。関東地区でのライヴ等の情報,CDや書籍の案内,アーティスト紹介や「早耳情報」がある。

アイヌ音楽
アイヌ詞曲舞踊団モシリ 1981年に結成されたアイヌ詞曲舞踏団モシリのホームページ。活動履歴,ライブやCDの情報などがある。一部でしか市販されていないCDも,ホームページを通じて入手することができる。

学生団体
鹿児島大学邦楽部 OBのkashinさん作成の鹿児島大学邦楽部のホームページ。定演の案内などのほか,BBSやチャットがある。
慶應義塾大学 竹之会 明治43年創立という歴史を誇る「慶應義塾竹之会」のホームページ。年2回の演奏会を目標に,プロの指導の下で箏,尺八,三味線などの練習に励んでいる。定期演奏会の案内など。
中央大学 竹桐会 中央大学の箏,三味線,尺八のサークル「竹桐会」のホームページ。メンバー紹介,定期演奏会の案内など。
東京大学狂言研究会 東京大学の狂言サークルのホームページ。野村万之介さんが御指導にあたられている。公演予定などのほか,他大学でも可能な入部の案内がある。
東北大学学友会邦楽部 年2回の定期演奏会を軸とする種々の演奏機会を目標に,尺八・箏・十七絃・三絃などを練習している「東北大学学友会邦楽部」のホームページ。整理の行き届いたリンク集については,当ページの「リンク集」でも紹介させて頂いている。
北海道大学邦楽研究会 北海道大学で主に箏,三味線,尺八の練習・演奏をしている「北大邦楽部研究会」のホームページ。定期演奏会,他のサークルとの合同演奏会などの予定も見られる。
立正大学 平安響 立正大学の学生による雅楽演奏サークル,日本伝統芸能雅楽演奏団体「平安響」のホームページ。雅楽の情報を集めたリンク集が充実している。

楽器店など
株式会社きかんし 石田琵琶店の紹介ページがある株式会社きかんしのホームページ。「周辺散歩」のコーナーで見られる。石田琵琶店は,日本全国でただ1軒となった琵琶の製造と修理の専門店。住所,電話番号等の案内はない。
(株)目白 東京の高田馬場で尺八,しの笛などを販売している目白のホームページ。以上の2楽器には,それぞれのページが設けられている。通信販売も可。尺八,しの笛,箏,三味線のレッスンのほか,尺八手作り教室もある。
川田太鼓工房 福島県南会津郡の太鼓専門メーカー,川田太鼓工房のホームページ。写真付きの製品紹介や取り扱い代理店の案内,太鼓教室の案内や種々の太鼓公演情報が見られる。太鼓の購入を考えている人は必見のサイト。
香揚山尺八工房 横浜市戸塚区にある尺八工房のホームページ。価格・修理価格表アリ。
正絃社 箏曲用の楽譜出版などを中心としている正絃社のホームページ。全国に広がっている教室の紹介や演奏会のお知らせ,製品案内などがある。
太鼓の里 浅野太鼓 創業400年の歴史を誇る石川県の浅野太鼓楽器店のホームページ。太鼓に関連する幅広い活動を展開しており,資料館や練習場,太鼓教室なども運営している。製品や出版物の案内,施設や活動の紹介のほか,写真付きで図鑑のようにまとめられた太鼓の「解説」がある。
邦声堂 横笛専門店,邦声堂のホームページ。各種の笛のほか,手作りセット,しの笛教本,教材テープ,鼓ほか,様々な商品を扱っている。「横笛関連リンク」も充実。
堀田新五郎商店 愛知県津島市の太鼓専門店,堀田新五郎商店のホームページ。太鼓の写真集のような構成になっており,メイン・ページ下部のサムネイルから様々な太鼓の写真へとリンクする。一番右がお店のインフォメーション。
まつり工房 長野県伊那市で和太鼓の製造・販売をしている「まつり工房」のホームページ。代表は「むげん隗」主宰の北原永さん。太鼓関連の道具の面倒から,太鼓や作曲の指導,稽古場の貸し出し,さらには独自の演奏技術認定まで,太鼓に関することを幅広くサポートしている。
みつや琴 お琴製造・卸し販売の大手,みつや琴製造株式会社のホームページ。
三根楽器店 佐賀県佐賀市で和楽器と日本舞踊用品を扱っている三根楽器店のホームページ。日本舞踊,箏,長唄三味線が習える邦楽教室の案内や,県内の関連イベントの情報コーナーなどがある。
宮本卯之助商店 1861年創業で,太鼓,神輿,鳴り物,神具などの製造・販売をしている浅草の宮本卯之介商店のホームページ。修理修繕,レンタルも行っている。世界各地の太鼓600点あまりを展示・公開している「太鼓館」の案内もある。
武蔵野楽器 東京都北区にある和楽器製造・販売の「武蔵野楽器」のホームページ。販売楽器の写真入りの紹介のほか,メールによる注文も受け付けている。
Bamboo 邦楽のCDやビデオの制作をしているBambooのホームページ。製品紹介の他,注文も受け付けている。
YAMAHA 言わずと知れたYAMAHAのホームページ。和楽器も扱っている。「製品を探す→楽器」と辿ると,「大正琴」という項目がある。

【全】住所・電話番号

〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目12番15号 
Phone:03-3957-1175 /
Fax:03-3957-1174

【全】PCスマホ切替