メッツラー音楽大事典 | メッツラーとは
メッツラー音楽大事典 | メッツラーとは
メッツラー音楽大事典、音楽,音楽教科書,音楽事典,教科書
メッツラー音楽大事典、音楽,音楽教科書,音楽事典,教科書
メッツラー音楽大事典、音楽,音楽教科書,音楽事典,教科書
メッツラー音楽大事典 | メッツラーとは
「メッツラー」とは,ドイツの出版社の名前です。メッツラー社は,文学,言語学,哲学,音楽,メディア,文化論,事典などを専門とする人文系の出版社で,創立はJ.S.バッハが生まれる3年前の1682年。実に325年以上続く老舗の出版社としてその信頼性には定評があります。
音楽事典としては,「Die Musik in Geschichte und Gegenwart」第2版(通称MGG,全29巻)をベーレンライター社と共同出版しています。英語の「ニューグローブ音楽大事典」と並ぶ最大の音楽大事典として知られる「MGG」。そのメッツラーが,より一般向けにコンパクトな音楽事典として「Das neue Lexikon der Musik」を編纂しました。これが「メッツラー音楽大事典」の原書となっています。
メッツラー音楽大事典 | メッツラーとは
メッツラー音楽大事典 | メッツラーとは
このたび日本語版DVD-ROMとして登場する『メッツラー音楽大事典』は,ドイツ版原書では全4巻,総ページ数3,200余,項目数1万を優に超える大部の音楽事典です。内容的に見ても包括的で,歴史的にも地理的にも,またジャンルの上でも大きな広がりを持った項目が立てられており,古代から現代まで,そして西洋のみならず非西洋地域の音楽にいたるまで,豊富に盛り込まれたものとなっています。

本来ドイツ語で書かれた事典であるだけに,ドイツ音楽やそれに関連する広い領域,あるいはドイツ語圏全体にかかわる文化的な事象に関しては,ことに詳細で,ときにかなり専門的な記述も見られますが,それらのなかには,今までの日本語の音楽事典では決して接することのできなかった情報も多く,新たな知見と相まって,これまでとはまったく違った視点から音楽にアプローチする機会を与えてくれるものと確信しています。さらに,オルガン大国のひとつであるドイツらしく,オルガンに関する多彩な項目等々が目を引くことをはじめ,種々の楽器に関するきわめて詳細な解説は,多くの音楽関係者・音楽ファンの渇きをいやしてあまりあるでしょう。

日本語版をつくるためには,ドイツ語とドイツ文化に詳しい多数の翻訳者と,各分野に詳しい専門家の協力が欠かせません。テクスト本体の翻訳には2000年から2005年までの丸6年をかけて慎重に取り組み,かかわった専門家と翻訳者の数は150名ほどに上ります。ふたつの言語と文化の間の違いにも深く考慮しました。こうした大規模な作業により,テキストは単なる味気ない訳文ではなく,背後に横たわるドイツ文化の香りが今にも漂ってきそうな,しかし申し分のない日本語として確定されたものと自負しています。

原書の執筆者と日本語版の作成にかかわった人々双方の,多くの知を結集して作られたこの事典は,音楽のプロフェッショナルな仕事に関わる方々や音楽教育に携わる方々にはもちろんのこと,楽器演奏や演奏会・オペラ鑑賞,メディアによる音楽鑑賞を日常的に楽しんでいる多くの音楽ファンにとっても,最強・最適のツールとなるはずです。

大角欣矢 長木誠司 野本由紀夫


メッツラー音楽大事典 | メッツラーとは
刊行にあたって
私たちは,長年の音楽教科書の発行を通して,子どもたちの音楽への興味・関心や知識欲が非常に高いものであり,そこに的確な教材や情報を与えることによって,音楽的な力が著しく高まっていくことを実感してきました。「人間は自らの心を動かす『音楽』という不可思議な存在に隠された秘密を解き明かしてみたい,という本能的欲求をもっている」今やそんな確信を抱いています。

音楽をめぐるさまざまな秘密,それを解き明かす「鍵」が,一つには「音楽教育」というものの中にあるとすれば,その一方で知的側面から「鍵」を形づくるという観点から,「音楽事典」も欠かせないアイテムであると考えます。そのような意味で,音楽事典の刊行は,私たちの積年の願いであったわけです。
そして今般私たちは,その願いを実現すべく,ドイツで広く活用されている『メッツラー音楽大事典』CD-ROM版の完全日本語ローカライズを行い,DVD-ROMの形で刊行することとなりました。

デジタル事典特有の検索機能の充実や,映像や音声を伴う,いわゆる「マルチメディア」という特性が大きな価値をもっていることはもちろんです。しかし,事典として最も大切なのは「正確性」と「理解のしやすさ」という要素であろうと思います。そこに私たちのノウハウや経験を生かし,原書の内容を確実に伝える,という点に心血を注いで参りました。  
この『メッツラー音楽大事典』が,多くの皆様にとって,音楽の秘密を解き明かす「鍵」となることを願っています。

株式会社 教育芸術社


Copyright © 2006 KYOIKU-GEIJUTSU SHA CO., LTD. ALL Rights Reserved.